fc2ブログ

記事一覧

長村大の麻雀 真・デジタル

真・デジタル

長村大の麻雀 真・デジタル
著者: 長村 大
単行本: 222ページ
出版社: 毎日コミュニケーションズ
ISBN-10: 4839911509
ISBN-13: 978-4839911508
発売日: 2003/07

 

 
■ 内容紹介


従来の麻雀戦術の主流であった「ツキ・流れ」の思考を一切排除する「デジタル」。その呼び名は現在浸透してはいるが、「スピードのみ」「牌効率のみ」「テンパイ即リーチ全ツッパのイケイケ麻雀」など、間違ったイメージで捉えられることが多かった。デジタル戦術の第一人者であり、若手NO1の呼び声も高い第11期最強位の長村大が、本当のデジタルの姿を伝える待望の一冊。


第1章 デジタルの定義
第2章 オカルトの正体
第3章 真・牌効率
第4章 期待値の理解
第5章 システム打法

 

 

■ 管理人の感想


なんというか、アバウトなデジタルです。

デジタル=数字 のようなイメージを持っている方は、がっかりされる方も多いと思います。
コンピューターで計算しているかと思ったら、ソロバンで計算していたぐらいのイメージでしょうか?



2003年出版の本なので、現在否定されている部分も多々あります。

特に第4章の期待値の計算方法ですが、これは現在あちこちで批判されているものですね。

 

この本でいう期待値とは・・・


(待ちAのアガリ点数×待ちAの枚数)+(待ちBのアガリ点数×待ちBの枚数)+(待ちCのアガリ点数×待ちCの枚数)・・・

これをロンアガリ・ツモアガリの両方で行い、双方を足し算する。(P123)

 

・・・と、いったものなのですが、この期待値・算出方法の良し悪しは別にしても、説明はかなりアバウト、また不親切・・・。(´・ω・`)

「タンヤオ・ドラ1は2600点」といった、得点計算の記述は一切なく、点数計算ぐらいは当然分かっているだろうという前提で、いきなり牌姿から計算に入っているので、最低限の点数計算できない人には、何をやっているのか分からないでしょうね。

 

おまけに、2600点のアガリを、初めは2500点(何故?)で計算しておいて、次の項では3000点(今度は四捨五入)で計算しているので、点数計算できる人でも苦戦します?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


「さっきと同じで100点単位は、アガリ点の時点で四捨五入しています。そこまで計算しなくちゃ差が出ないくらいの微妙な手は、どっちを切っても一緒。気にしなくても大丈夫です」(P128)

 

著者に言わせると、細かいことは気にしなくても大丈夫だそうですが、これだと、2600点・2900点・3200点、全て同じになってしまうぞ? こいつは円周率3なんてレベルじゃないのでは?(-公- )


アバウトなのは、ここだけに収まらず、ロンアガリの可能性はツモの3倍?(自分以外3人だから?)、一発、裏ドラは計算式には入れず、オリで相殺・・・などなど。最後まで、こんな感じです(-公- )(-公- )


アバウトすぎて使えねえって言う人も多いでしょうね?

目安として割り切りさえすれば、良い手法だと思いますが・・・^^ゞ

 

 

計算方法もアバウトですが、文章もアバウトです。まあ、わざとクズした書き方をしているのだと思いますが・・・(´・ω・`)

話言葉みたいなのは許容範囲だとしても、この手の本で「だもんで」という書き方は初めてみました。( ゚д゚)ポカーン

 

 

コラムはどこかに連載されたものを、そのまま掲載したようですね。

本編と同じことを書いてあることが多いのが残念^^;;;

 

 

ツッコミどころも多いですが、総合評価的には良書だと思います。


特に、中盤で牌効率を、初め4枚→7枚→10枚で説明しているのですが、これが、非常にわかりやすくて良い。
上級者の方も、初心者に教える時の参考として読んでおく価値アリだと思います。


内容はぎっしり詰まっていますので、初心者にもおすすめ。特に牌効率の勉強をしたい人におすすめします。

(ただ、初めて手に取る戦術書が、これではどうか?とは思うが・・・?)

 

 
初・中級者向け。

赤対応:無し


総合評価 75点

 

 

購入はこちら → amazon.co.jp


麻雀ブログランキング  ← クリックしとけば大丈夫?


関連記事
スポンサーサイト



コメント

1. こんばんは

ペタありがとうございます
また寄らせてもらいます^^

2. 無題

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
ペタありがとうございます♪
嬉しいです(^^*)

麻雀すごいですね!
麻雀なんてやる年では、ないんでね。笑
ドンジャラなら、たまーにやりますよ☆笑
麻雀、難しいですよ~(><)笑
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

3. 無題

こういう本って
本当に本人が書くのか
いつも疑問に思うんですけど~

全部読むのも大変でしょうね;;

4. この本は

おいらがメンバーになりたての頃に読みました。

その頃は「デジタルでじ太」と名乗ってましたが(笑)



牌効率とかデジタルな考え方とかは、まぁ参考になると思いますよね。



今となっては、期待値など時代遅れというか、アバウトすぎますね。

なにぶん古い本なので。



それにしても、長村さんどこいったんですかね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
▶『麻雀 傑作「何切る」300選』2016年8月6日発売 第2刷8月8日、3刷9月、4刷12月。5刷2017年5月、6刷2018年3月。7刷2019年1月、8刷11月、9刷2020年12月、10刷2022年10月、11刷2023年8月(累計27000部)
▶『麻雀 定石「何切る」301選』2017年7月27日発売、第2刷8月。3刷2018年9月、4刷2019年4月、5刷2020年4月、6刷12月、7刷2021年11月、8刷2022年11月、9刷2023年11月(累計26000部)
▶『ウザク式麻雀学習 牌効率』2019年3月28日発売、第2刷4月、3刷2020年3月、4刷8月、5刷12月、6刷2021年7月、7刷11月、8刷2022年8月、9刷10月、10刷2023年7月、11刷2024年4月(累計37500部)
▶『ウザク式麻雀学習 はじめの書』2021年2月20日発売(7000部)
▶ウザク本シリーズ累計97500部(数字は電子書籍含まず)

検索&リンク

サーチアマゾンで『ウザク本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀DVD』を検索
サーチDMMで『麻雀』を検索
名古屋ラーメン新店リスト 麻雀カレンダー
月刊ネットマージャン mixi はてなブックマーク
DMM同人人気ランキング

ブログ更新アンテナ(一般)

ブログ更新アンテナ(麻雀プロ)