記事一覧

スリーヘッド最弱理論

打姫オバカミーコ第97話( 単行本11巻 )で紹介された『スリーヘッド最弱理論』の補足的な内容となっております。

(一部、前回の解説 とカブリあり。)

 
 
 

問題.


東1局 西家 5順目 (厳選 何切る?問28 と同問題)

  ドラ



アタマが3つでバランスが悪い。

この問題は、オバカミーコで紹介された『スリーヘッド最弱理論』を使って解くことができます。


打牌候補は、でしょうか?


この内、はトイツを残すタイプ、

はトイツをほぐすタイプですね。

 

では、トイツを残すタイプと、トイツをほぐすタイプの、どちらが広いかを、隣り合ったを例にして比べてみましょう。


それぞれの受け入れ枚数は・・・


切り(トイツを残すタイプ)

 ・・・2枚4枚、2枚、4枚、2枚。 計14枚。


切り(トイツをほぐすタイプ)

 ・・・4枚4枚、2枚、4枚、2枚。 計16枚。


2枚の差が出るため、トイツをほぐすタイプの方が優秀。

 

 

 

同様に、下記のような牌姿でも、2枚差になります。

 

  ドラ

(牌姿はオバカミーコより、北はオタ風)

 

切り(トイツを残すタイプ)

 ・・・2枚、2枚、2枚、4枚、4枚、4枚。計18枚

 

切り(トイツを残すタイプ)

 ・・・2枚、4枚、2枚、2枚、4枚、4枚。計18枚

 

切り(トイツをほぐすタイプ)

 ・・・4枚、2枚、2枚、4枚、4枚、4枚。計20枚

 

 

※この2枚差は重要なので、覚えておいて下さい。

カンチャンがらみ、ペンチャンがらみ、共に2枚の差が出ます。

ここで、「なんだ、たったの2枚か?」と思ってはいけません。瞬間的な差は2枚ですが、ほぐした部分が横伸びする可能性を含んでいます。横伸びすると、当然差は大きくなります。

逆にトイツを固定すると、アンコにならなければメンツにならないので機能性が悪いのです。

 

3ヘッドの場合は、トイツをひとつほぐして2ヘッドにした方が、受け入れが広い。

しかし、4ヘッドになると、七対子が見えてくるから弱い形とは言えない。

つまり、メンゼン手は3ヘッドが一番弱い形となる。

 

これが、オバカミーコで紹介された、『スリーヘッド最弱理論』です。

 

  

 

ただし、鳴きを前提とした状況時は注意が必要。


南4局 西家 5順目  アガリトップ

  ドラ

 (冒頭問題のに変更、さらにソーズの下をずらしたもの。切りでタンヤオ確定)


東1局 北家 5順目

  ドラ

 (牌姿は先ほどと同じ。ただし今回は北家でドラが役牌)


今回の理論は基本的にメンゼンで進めることが前提ですが、鳴きを前提とした場合は、ポン材が活用できるため、スリーヘッドはツーヘッドより強くなります。

ここも、状況に応じて使い分けましょう。

 
 

 

今回のことをまとめると・・・


★3ヘッドは最弱と知れ(メンゼン手の場合)

★横伸びを考えてトイツをほぐす。

★瞬間的な差は2枚ということを計算に入れる(カンチャンの場合)

こんな感じで良いかな?^^ゞ

 

もっと詳しく知りたい方へ・・・  

『スリーヘッド最弱理論』検証 (問題提起)  

『スリーヘッド最弱理論』検証 (検証編1)  

『スリーヘッド最弱理論』検証 (検証編2)

『スリーヘッド最弱理論』検証 (検証編3)

『スリーヘッド最弱理論』検証 (検証編4)

『スリーヘッド最弱理論』検証 (結論編)  

『スリーヘッド最弱理論』に関連した何切る問題

  

 

麻雀ブログランキング  ← 参考になったという方はクリック!

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. こんにちわ

どうもです、前回の何切るは全滅でした……
最近自分の麻雀にも限界を感じつつあります。

今回の『スリーヘッド』理論、初めて聞くのでもう少し自分なりに勉強してみようと思います。
やっぱり普段から雑誌買ったりして、情報や新しい理論をチェックしないとダメですねぇ。

2. 無題

こういう形で悩む時ってありますよね;;
ちょっと難しそうだけど
理解できるように頑張ります

3. 無題

3ヘッド・・・。シャンテン数がまだあるので、微妙なラインを踏んでいるのかな?と思いつつ、勉強になりました。

で、問26について、もう少し解説をお願いしたいのですが。。。
どうしても、最速で3順目ピンフ一通ドラ3の聴牌見えているにも拘らず、シャンテン数を一つ下げる打牌選択になるのか理解に苦しんでいます。是非、お願いします。

4. >きりとさんへ

問26ですが、きりとさん『東』切りですよね?

『9m』切りはあくまで私(管理人)の選択であって、別に『東』切りもアリだと思いますよ。
あの手の最速は間違いなく『東』切りですから。
四風子連打での流局も、可能性自体はかなり低いですし^^;

ただ、対戦者にもよりますが、警戒はされますね。
ちなみに私は、第1打『ダブ東』切りされたら、1000点流しの方向で進みます^^ゞ


ただし、一通の件はどうかなと・・・?
確かに最速で3順目ピンフ一通ですが、これは実際には厳しいと思います。
筒子がすぐ好形に変わりますので、一通より先に筒子で2面子出来ると思っています。

少し解説増やしますね。明日の朝には少し変わってると思いますので見ておいて下さいね^^

5. 無題

今更だけどイーシャンテンの受け入れが4枚減るから3トイツを維持した方がいいのでは?

6. >ななしさんへ

>今更だけどイーシャンテンの受け入れが4枚減るから3トイツを維持した方がいいのでは?

今回の例題(122688m466p23789s)だと、1m切りで3トイツ維持が良いという意味で宜しいでしょうか?

これ、微妙なのですが、リャンシャンテンの形が全く変わらず7mツモ等でイーシャンテンになった場合は3トイツ維持が有利。
逆に3p、7pツモ等で、リャンシャンテンの形が変化した場合は、『スリーヘッド最弱理論』で6p切りの方が有利なのです。
6p切り→3pツモ(122688m34p23789s)
6p切り→7pツモ(122688m67p23789s)

いい機会なので、ちょっと記事の中でまとめますね。お時間下さい^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク