記事一覧

8筒

 
答え.

 

 

問03k 『 東大式麻雀 強くなる打ち方 』で紹介された左右対称の形。2メンツとアタマを作るのに最適。 解説  


問301 三色は捨てて広く受ける。打4筒と打8筒の単純な受け入れ枚数自体は4枚だが、先にソーズが2メンツ完成した場合に大きく差が出る。 参考  牌理  


問315 それぞれ内側の牌(3・7)を引いた場合を考えると良い。萬子は両面、ピンズは変則3面待ち、索子は3面待ち。一番待ちが狭いのはピンズ。 また、三暗刻目があるのも大きい。 なお、一萬を引いた場合はペン三萬待ちで一見愚形だが、五萬3枚が壁となり、実はそれほど悪い待ちではない。 牌理  


問324 三色か一通の選択。受けの広さ及び赤受けを考え、一通を狙う。 牌理  


問351 打8筒が一番広い。三暗刻、七対子、イーペーコー、全ての可能性を追う。 牌理   


問377 ドラ受けを拒否してまで、好形にこだわる手でもない。素直に受け入れ最大に受ける。 牌理  


問388 テンパイ崩し推奨。アタマを9筒か7索で想定したい。最高形は三色。ですが、スタイル次第で即リーチもアリだと思います。 牌理  


問395 現在、6ブロックでメンツオーバー。5ブロックにし、鳴いていける形を取る。 牌理  参考:5ブロック理論  


問402 ドラアタマ固定は遅い。ドラ切りで広く受ける。 受け入れ的には三萬も広いのだが、ピンズがドラ表示牌受け以外嬉しくなくなってしまうのがネック。 赤受けもあるのでマンズは大事にする。 牌理
 
問406 問95を入れ替えた問題。 詳しくは『 問95の解説 』を。


問408 8筒をアタマに固定してもカン6筒がネックになる。とりあえず打8筒でメンツ固定。 牌理  


問449 三色狙い。6筒ツモでもピンフになるため、とりあえず8筒から。 牌理  


問476 有効枚数では六萬アタマ固定の打七萬有利だが最終形に愚形も多い。特に赤入り麻雀では赤五萬ツモで困るので打七萬は無い。 牌理  


問542 ドラ受けノベタンを生かす。 詳細

問543 ドラ受けノベタンを生かす。スタイル次第で即リーチもアリとする。 詳細 

 

問597 打2筒でアタマ固定も有力だが、ドラが4連形の端に来ているため、ドラ引きテンパイ考慮、また最終形が5-8のノベタンになっても良しと考え、打8筒とする。 詳細   

 
問603 打8筒が受け入れ最大(打4筒とは3枚差)。 ソーズの変化にも強い。 牌理  

 

問605 親の9巡目かつ赤有りなので、ホンイツは狙わない。 ここは打8筒とし、一通も狙える構えに、マンズのリャンメン引きはドラ受けノベタンリーチ。

 

問629 5筒をトイツに固定すれば678の三色が狙えそうだが、9筒がくると、三色と同時にタンヤオも崩れる上に、ドラが4筒なので狙わない。 ピンズの3455を亜リャンメンとみなしタンピンを狙う。 打8筒とすれば、裏目の6筒をツモった場合でも仮テンとはいえ、テンパイが取れる。 なお、打5筒と打8筒の受け入れ差はたったの一枚。 牌理  
 

問644 マンズを2メンツで計算すると、メンツオーバー。 『 5ブロック理論 』により、一番弱いブロックを落とす。 弱いのは89筒のペンチャンだが、どちらから内側か外側の落とすか? 外側の9筒から切れば裏目の7筒ツモ時にフリテンならがらもリャンメンに受けられるが、今回はフリテン78筒ターツが出来てもさほど良い形にならないので、危険度重視で内側の8筒から落としたい。

 

問646 形だけなら打2索が良さそうだが、リャンシャンテン戻し。 親の8巡目なので、素直にイーシャンテンに受ける。 これでもマンズの変化は残る上に、三色ドラ3のチーテン取りも可能。

 

問652 2・4・5筒ツモ時に強い打8筒が正解。 打6筒とする打ち手も多いと思われる・・・打6筒には3-6萬ツモ時のリーチで8筒が出やすいというメリットがある。 だが、麻雀に一発やツモがある以上、3メンチャン・イーペーコー・完全イーシャンテンの可能性を含む打8筒のメリットには及ばない。


問696  [ 牌理 ] 

マンズ3・5、ピンズ1・3、ピンズ6・8、どれかのカンチャンを落とすかですね?
 

まずマンズの3・5のカンチャンは、2種類の牌でリャンメンになるのでNGです。
残りのピンズカンチャンはどちらもリャンメン変化の牌は1種類しかありません。
ならば、鳴きやすく、最終形として残った時にアガりやすい方を残すべきです。
当然7より2の方が 鳴きやすく・アガりやすいので、1・3のカンチャンの残すます。
 
というわけで、6・8筒のカンチャンを落とすのですが、5筒を引けばリャンメン変化するので外側の8筒からですね(*´ω`*) 

 


詳しくは『 麻雀 勝ち組の選択 』をお読み下さい(*´ω`*)

 

 

問715 [ 牌理 ]

 
ピンズの形が2-5・7受けになっています。ピンフに受けるなら打2索が良さそうなのですが・・・
実はマンズがメンツとアタマがつながっているため、打8筒が一番広く、期待値でも最大となります。
さらに打2索よりタンヤオになりやすいという利点もあります。

 

あらの一人麻雀練習機 』で計算させると下表のようになります。  

 
麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-715

 

 

問725 [ 牌理 ]
 
出来れば四暗刻の目は潰したくない。
その上で、ピンズの下を縦(刻子)ではなく、横(順子)に見ることが出来れば答えが出る。
2-5筒引きでタンピンイーペーコーになります。
 
ソーズを引いてテンパイしても、必ずリャンメンリーチが打てる。
広さ的にも11種31枚と一番広く、さらに一番タンヤオが崩れにくい形となります。
  

    

nanikiru_bot 総合案内ページ 】 
 
麻雀ブログランキング
 
管理人補足:
何切る全般に言える事ですが、答えはあくまで出題者の答えであり、自分なりのスタイルがある人は自分なりの答えで良いと思います。
 

麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-DMM FF

究極幻想麻雀

DragonMahjongg2PLUS

けいじゃん!

 

 
応援クリックはこちら^^/

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク