fc2ブログ

記事一覧

5筒

 
答え.

 

 

問307 三色が崩れるが、有効牌の枚数が他と違いすぎる。何を引いても一応はドラ含みの役アリテンパイ。8筒引けばまだ三色も狙える。 牌理  
 

問316 ドラ2筒及び3筒引きで、高打点好形テンパイ。 牌理  

 
問345 広いのは1筒と5筒。ドラが1筒なので5筒切り。ソーズでアタマが出来てしまうとカンチャンになってしまうのがネックではあるが、1-4-7の3面待ちになる可能性が高く優秀。なお、5筒・1筒の受け入れ枚数は36枚で同じ、他の受け入れと比べると差は16枚以上の大差になる。 牌理  

 
問373 くっつき問題、ピンフイーシャンテンなので、赤引きでリャンメン待ちになるもの、赤受けのリャンメン(5-8待ち)が作れるものを残したい。なお、次巡赤5筒をツモったら他の浮き牌と変えれば良い。

 
問387 一通とドラ受けの両天秤。 

 
問416 一番広い。3・7筒を引くと赤ドラが出て行く形になるが、親はスピード優先、メンタンドラ1でも十分。なお、この形のままテンパイしたとして、赤ドラが出て行く確率は、単純計算で19分の4。21%ほどである。(※メンゼンの場合) 牌理  

 
問499 打5筒推奨。通常この手の形はダブルメンツを落とすのが有利なのですが、牌効率的には例外の形。リャンメンテンパイの枚数は打5筒・2索・5索全て同じ。5筒を1枚浮かせて、ピンズの横伸び(遠めに三色)と、ソーズのイーペーコーを見るのが良さそう。なお、切ってはいけないのが4索で3索ツモでのリャンメンテンパイを逃す。 牌理  

 

問636 打2筒で5筒をポン材として使う手もあるが、5筒は決してポンしやすい牌ではない。 それよりも鳴きやすそうな1筒のチーテンに取れる形に構えた方が良さそうだ。 打5筒で受け入れ最大、1・3-6筒及び6-9索はチー、四萬・4筒はポン。 牌理  

 

問648 手拍子で打三萬としてしまいそうだが、打5筒とすれば五萬ツモ時にタンピンになる。 (受け入れ枚数は同じ) 赤5筒ツモでのテンパイこそ逃すが、入れ替えで対応できる。 チーテンが取れるのも大きい。 牌理  

  

問723  [ 牌理 ]

  

3萬、5筒、7索、9索の4択ですかね?
 
 
打3萬・・・ドラ切り、受け入れは34枚、好形テンパイになりやすい。
  ただし、5-8索引きは亜リャンメン6枚待ちなのが微妙ではある・・・(´・ω・`)

 
打5筒・・・受け入れは35枚で広い。
  2・4萬引きでメンピンドラドラ、3萬で高めタンピン三色と打点面でも期待出来る。
  最終形が愚形になる場合でも、ドラは使い切れる。

 

打7索・・・受け入れは43枚で圧倒的に広いが、タンヤオも三色も捨てる形になる。
  基本的にくっつきテンパイなので、愚形率も高い。

 

打9索・・・タンヤオも三色もイーペーコーも残るが、受け入れは16枚で一番狭い。
  タンピン三色まで見えるが、赤5萬がある関係で三色は567に限定される・・・
  そのため、見た目ほど三色は出来やすくない(´・ω・`)

  
 
バランスで打5筒が良さそうですね(*´ω`*)
序盤であれば打9索も十分アリだと思います。
今回は7巡目の上、打5筒でもタンピン三色の最高形は残っていますからね(*´ω`*)

 
 

なお、『 あらの一人麻雀練習機 』で計算させると下表のようになります。
 
麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-723

(※計算は赤無し) 
    


nanikiru_bot 総合案内ページ 】 
 
麻雀ブログランキング
 
管理人補足:
何切る全般に言える事ですが、答えはあくまで出題者の答えであり、自分なりのスタイルがある人は自分なりの答えで良いと思います。
 

 
応援クリックはこちら^^/

 

敵手看破完全マニュアル (マイコミ麻雀BOOKS)  

本書は麻雀でいかに相手の手を読み、方銃を避けながら打つかという、守備の面を重視した戦術書です。実際に対峙したときに出る相手のクセや打ち筋に注目するなど、より実戦的な戦術を解説しています。
著者の梶本プロは麻雀の品格・雀力・知識より選ばれる第2回野口恭一郎賞受賞しており、麻雀に対する深い経験と知識を生かした戦術は注目に値します。
手牌読みのコツをつかんで、あなたもさらに上級へと、ステップアップを目指してみませんか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
▶『麻雀 傑作「何切る」300選』2016年8月6日発売 第2刷8月8日、3刷9月、4刷12月。5刷2017年5月、6刷2018年3月。7刷2019年1月、8刷11月、9刷2020年12月、10刷2022年10月、11刷2023年8月(累計27000部)
▶『麻雀 定石「何切る」301選』2017年7月27日発売、第2刷8月。3刷2018年9月、4刷2019年4月、5刷2020年4月、6刷12月、7刷2021年11月、8刷2022年11月、9刷2023年11月(累計26000部)
▶『ウザク式麻雀学習 牌効率』2019年3月28日発売、第2刷4月、3刷2020年3月、4刷8月、5刷12月、6刷2021年7月、7刷11月、8刷2022年8月、9刷10月、10刷2023年7月、11刷2024年4月(累計37500部)
▶『ウザク式麻雀学習 はじめの書』2021年2月20日発売(7000部)
▶ウザク本シリーズ累計97500部(数字は電子書籍含まず)

検索&リンク

サーチアマゾンで『ウザク本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀DVD』を検索
サーチDMMで『麻雀』を検索
名古屋ラーメン新店リスト 麻雀カレンダー
月刊ネットマージャン mixi はてなブックマーク
DMM同人人気ランキング

ブログ更新アンテナ(一般)

ブログ更新アンテナ(麻雀プロ)