記事一覧

二萬

 
答え.

 

 

問20k 六萬を引いた場合に3面待ちに変化する。 類似問題  

問19g 好形残し&ドラツモ期待 類似問題  


問49 二段階牌効率。5筒ツモで差が出る 解説  


問310 牌効率。イーペーコー目も残る。 牌理  


問359 受け入れ自体は二萬も7索も変わらないのだが、打二萬なら6-9索ツモ時に一気に受け入れが増える。ドラ3なので慎重に。 もちろん、それを承知の上での打7索は当然アリ、スタイル次第でどうぞ。

 
問360 ドラ2なので三色はいらない。受け入れ最大かつ、三暗刻、七対子、イーペーコー、全ての可能性が残る。 牌理  


問378 広いのは八萬で有効牌21枚、次が二萬で19枚。マンズがリャンメンカンチャンの形(1-4・7受け)となり、七萬ツモで高めピンフ三色。 牌理  


問396 現在、6ブロックでメンツオーバー。5ブロックにし、鳴いていける形を取る。 牌理  参考:5ブロック理論  


問401 マンズ引きは二・三萬以外は嬉しくない、ドラアタマ固定は遅い。ドラ切りで広く受ける。123の三色もある。 牌理  


問439 三暗刻、チートイツ、イーペーコーが狙える。打4索とすると柔軟なのだが、打二萬の方が一手進んだ形が強い。打4索とするのは、一手進んでからで良い。また同じカンチャンと思うならイーペーコーの分だけお得。


問451 三色は345の絞り、とりあえず受け入れ最大イーシャンテンに。テンパれば即リーチ、ソーズが伸びるなら七・八萬と入れ替え。 牌理  


問456 タンヤオに頼れそうもないので、素直に受け入れ最大に。 牌理  


問488 メンツオーバー『 5ブロック理論 』により、いらないターツをひとつ落とす。手役(一通)に関係無く、伸びの少ない二萬落とし。
 

問496 三色を狙おうとすると、56ピンズターツを落とすことになるので、三色はここで見切る。素直に一番弱いターツを切る。赤や456の三色もあるので外側から。

問551 打二萬と打六萬の受け入れは同じ。リャンカンは最終形がカンチャンになりやすく不利、ピンズのリャンメン変化に期待。 牌理


問554 打二萬推奨。直接の裏目が少ないのは打4筒。打4筒でも問題ないが、まだ3巡目。マンズが使い辛いのでピンズ・ソーズの変化に期待。 牌理  


問556 打ニ萬として、三萬が裏目なだけの形に受ける。スタイル次第で打7索、打6筒もアリ。単純な広さでは打8索が受け入れ最大ではあるが、タンヤオに進み辛く、ピンズが先に2メンツ完成した場合等に、打二萬や打7索と比較すると受け入れ損になる。 なお、切ってはいけないのは、四萬、8索。 なお、『 一人麻雀練習機 』の計算ではニ萬が期待値最大となる。 牌理  


問558 三色と赤受けがあるので6筒は切らない。ニ萬と八萬の比較だが、5筒が先に入った場合でもタンヤオ確定の変則3面待ち三色に受ける。ならば、1-4萬の最終形は始めから考えず、三萬をアタマに固定し、マンズの上(5~8)と6筒のくっつき狙いが優秀。 なお、リャンメンテンパイしたら即リーチが基本なので一通にはならない。 牌理  


問574 受け入れが一番広いのは打6索。メンゼン前提なら打6索で良さそうだが、親の8巡目・ドラ3。 鳴きも考慮した場合、鳴ける形の多い打二萬の方が優秀。 そもそも、期待値的に一番高いのも打ニ萬である。 牌理  

 

問626 ペンチャン落とし。 チートイツのイーシャンテン、四暗刻リャンシャンテン。 牌理  

 

問647 タンピン三色は魅力的だが、親7巡目で最低でもタンヤオドラ2は確定の形。 受け入れの広さ及び、先にピンズが2メンツ完成した場合の最終形を考え、打二萬を正解とする。 なお、打六萬としても、ピンズの形が良いだけに、三色が完成する確率は低い。 打八萬は打ニ萬に比べ、受け入れが18枚も少ない。 牌理  

 

問655 受け入れ最大かつ、打点でも優秀。 この形は6索を切ると思っている人も多いが、ソーズはアンコとリャンメンターツと捕らえた方が良い。 打6索自体は受け入れ的にはそれなりに広いのだが、多くの場合カンチャン残りである。 打7筒も広いが、この7筒を残した場合、カン6筒が先に引ければ高めメンタンピンの3面待ちになるので、打点面で強い。なお、カン6筒がダイレクトで引ける確率は1/6。 打二萬と打五萬は受け入れは同じだが、ドラの三萬を外に構えた方がまさかのドラツモにも対応しやすい。 牌理  

 

問657 親8巡目で三色が見える形。  A.マンズを234567と出来れば567の三色になる、 B.8索ツモで567の三色が崩れる、 C.鳴いてしまうと三色が完成したとしても最悪2900点止まり・・・この3点に気付けば答えが出る。 ツモ三萬でのタンピン三色、裏目8索ツモでも高めメンタンピンリーチの打てるように、打二萬を1枚外すのを正解とする。 なお、打八萬としてタンヤオを確定させ、ピンズの変化も狙うのも悪くないが、打八萬とした時点で三色は567に固定となるため、ツモ8索が痛すぎる。 牌理  

 

問662 『 麻雀 攻めの法則 大魔神・飯田正人の重厚麻雀 』より。 トイツ2にカンチャンだらけ、喰いタンにも向かえない形。 役牌の重なりやチートイツを見て打ニ萬とする。 

 

問668 正解は2つ。 役牌のドラ白が鳴ければ簡単だが、鳴けない場合は逆にかなり厳しい手・・・ メンツオーバーなので、『 5ブロック理論 』により、一手進んだ場合を考えると、一番弱いブロックを一気落としてしまうのが効率的には良い。 弱いブロックと言う点では、2索の受けがカブる1索が良い、したがって、ドラ白ポンを期待した打1索は正解のひとつ。 もうひとつの正解は、四暗刻まで見ての打二萬。 こうしておけば、どこから仕掛けても強い形が残る、特にドラ白が鳴けない場合に強い。 漫画ではスピード優先で打4索としたが、『 5ブロック理論 』で考えると一手進んだ時に余剰牌が出るので、実はスピード的には微妙である。

 

問681 ニ萬・2筒・8筒・2索の4選択。 現在2ヘッド・・・縦引きに強く(1メンツ完成)、内側の牌を引けばリャンメンに変化するトイツは切らない(2ヘッドは片方がメンツになったり、リャンメン変化することを考慮し、セットで残す)。 したがってマンズかソーズ、どちらかのカンチャンを落とすのが良い。 マンズは内側の牌(五萬)を引けば3面待ちだが、九萬でタンヤオが崩れるので微妙。 ソーズは内側の5索が強いのは当然として、6索・7索でも厚みが出る。 マンズのカンチャン落としが正解となるが、次巡の五萬引きを考慮して外側から。 ちなみに234三色には絶対にならない(既に2メンツ完成しているため、メンツオーバーになる) 牌理  

 

問689 タンピン狙いなら打中だが、タンピン三色(567)にするには現在アンコの8萬切りが必須となる。
また1萬を引くとタンヤオが崩れる。そもそもリャンシャンテン戻しで、スピード的にも不満。
ここでは打2萬を推奨。
まず、イーシャンテンなのでスピードで有利。 三色完成ならばドラがあるので打点的にも十分。
また、ドラ5索が重なった場合にはイーシャンテン変わらずだが、打点、形ともに強くなる。
特筆すべきは4萬引きである。 ツモ4萬なら打中としてタンピン三色にスムーズに移行可能。
焦って打中としない方が、いろいろな意味で優れているのである(*´ω`*) 

 

 

問717  [ 牌理 ]

 

あらの一人麻雀練習機 』で計算させると下表のようになります。  

 
麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-717
 (※計算は赤無し) 
 
打6筒が期待値最大になっています。
やはりドラの力は大きいようですね。
 
ですが、ここでは以下の理由から、一番テンパイ確率及びアガリ確率の高い打2萬を推奨します。
・現代麻雀では先制リーチが有利。
・いざという時に鳴いてテンパイが取りやすい。
・赤有りということで、ドラにこだわらなくても良い。(全ての赤ドラに対応可能、またドラ5萬が来てもテンパイが取れないだけで入れ替えで問題ない)

  
まあ、受け入れ枚数が圧倒的に違いますからね。
7筒ツモでイーペーコー、6筒ツモでもタンピン、この5枚を大事にしましょう(*´ω`*)

 

 

nanikiru_bot 総合案内ページ 】 
 
麻雀ブログランキング

管理人補足:
何切る全般に言える事ですが、答えはあくまで出題者の答えであり、自分なりのスタイルがある人は自分なりの答えで良いと思います。


麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-とある魔雀の禁書目録

とある魔雀の禁書目録

DragonMahjongg2PLUS

けいじゃん!



 
応援クリックはこちら^^/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク