記事一覧

最速最強麻雀 多井隆晴の最新麻雀戦術 (マイコミ麻雀BOOKS)


最速最強麻雀 多井隆晴の最新麻雀戦術(マイコミ麻雀BOOKS)
著者: 多井隆晴
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 毎日コミュニケーションズ
発売日: 2010年3月25日
価格: 1,470円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 

現在の麻雀界を代表するトッププロの一人多井隆晴プロの戦術書です。
多井プロといえば緻密な麻雀理論に裏打ちされた「最速最強」の戦術。

本書籍では現代麻雀の勝ち組となるべく磨き上げられた、最先端の最速最強理論を披露しています。
基本→応用→実戦問題と読み進めてカリスマプロの戦術をマスターしてください。

そして最終章の「ハイレベル何切る徹底討論」では最先端の戦術が生まれる工房を垣間見ることができます。
本書籍が「最速」にして「最強」の麻雀打ちへの道しるべとなるでしょう。

 
■目次
まえがき
第1章 最速最強の基本セオリー
第2章 スピードVS手役
第3章 最速最強の仕掛け
第4章 最速最強の応用
第5章 最速最強の最新戦術
第6章 最速最強の実戦問題
第7章 ハイレベル何切る徹底討論
目次詳細

  

購入はこちら → amazon.co.jp

 

■ 管理人の感想

  
 
日本プロ麻雀連盟からRMUへ移った、多井隆晴プロの第2弾
 (前著: 多井隆晴の最速最強麻雀
 
平面何切るを中心とした本。
総合的に「買い」と判断したが、気になる点も多い。(´・ω・`)
以下で気になる点を書いてみる・・・
 
 
何切る本の作りになっているのだが、1章から5章までは見開き状態で問題と解答が隣あっている。
ついつい解答に眼が行ってしまい、じっくり考えられない。
何切る本としては最低の作り・・・(-公- )
(※問題が右ページ、解答が左ページ。通常の何切る本のように、問題の裏が解答となっていない。)
 
 
何切るには巡目が無い。
この辺りは好みだが、個人的に「巡目次第」と答えたいモノが多い。
著者としては、あえて巡目を指定していないと思われるが、問題の多くが「スピードと打点のバランス問題」なので微妙。
では、解説に「何巡目まではこう打つ」と書いてあるかというと、それも無い場合がほとんど。
 
 
基本的に解説自体は詳しいのだが、「肝心な部分が抜けてるのでは?」と思える部分も多い。
P126などは、「裏目を引いても形は悪くない」としているが、「裏目を引いた場合に何を切るか?」が書いてない。裏目時に何を切るのかを知りたい読者も多いと思われる。
 
 
また、全編・完全赤無しあり、「赤有り祝儀ルールではちょっと・・・」と言いたくなるモノも多い。
赤無しの競技麻雀の手順なのかな?(´・ω・`)
 
 
『第7章 ハイレベル何切る徹底討論』は、プロによる何切るの討論。
参加プロは、著者・多井隆晴の他に、阿部孝則、藤中慎一郎、飯島健太郎、宮本卓。 +ナビゲーターとして雑誌編集者の高橋常幸。
一つの牌姿を徹底的に掘り下げており、面白い。
ただし、肝心の多井プロが完全に競技麻雀で解説している。
 
ただ競技麻雀の場合は不利な状況を作りすぎると、ゲームを壊したり降級につながるのです。(P207)
しかし、競技を突き詰めたいのであれば、(P218)
 
正直、競技麻雀を語られても困る・・・(-公- )
 
 
・・・ざっとだが、こんなところか?(*´д`*)
悪い点ばかりを書いてしまったが、何切るの牌姿は良問だらけ。
ルールにより微妙なモノも多いが、プロの解答にこだわらず、自分なりの答えを見付けるのも良いでしょう。
使い方次第で、強力な本になると思います。(^ω^)
 
 
初級~上級者向け(デジタル派にもおすすめ)
赤対応: 無し
総合評価: 85点
 
 

購入はこちら → amazon.co.jp

  

 
■備考
【著者略歴】 多井隆晴(Takaharu Ooi)
1972年3月17日生まれ。プロ麻雀団体RMU代表。
主な獲得タイトル:
王位 (第31期)・プロ連盟新人王 (第11期)・日本オープン (第1回)
 
前著: 多井隆晴の最速最強麻雀
多井隆晴がモデルの漫画: オーラ打ち 言霊マンボ 1巻2巻


 
 
参考になったと思った人はクリック

応援宜しくお願いします^^/

  
 

■ 2ちゃんねるの反応
 

669 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 08:15:40 ID:
マイコミ麻雀BOOKS 最速最強麻雀 多井隆晴の最新麻雀戦術
・著者:多井隆晴
・発売日:2010年03月下旬

670 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 09:22:58 ID:???
前に見たような

671 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 10:22:01 ID:???
>最先端の戦術が生まれる 工房 を垣間見ることができます。
厨房の文章だな

672 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 20:10:15 ID:???
お~多井か~
前著も定石を所々に散りばめて良著だったから、これは買うわ

673 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 20:43:05 ID:???
>>669
まーた血液型別タイプ分けとか書いてあるんだろう?

674 :焼き鳥名無しさん:2010/03/06(土) 21:08:41 ID:???
前著も悪くはなかったけど、続刊出す程のものか?
 
737 :焼き鳥名無しさん:2010/03/30(火) 10:26:22 ID:???
多井本。読んだ人いる?個人的には良かった。
とにかくアガれる好形を作るっていう考え方。
最後のハイレベル何切る徹底討論は若干難解と思うが
ああいうの好きなひとは好きなのかね。
 
749 :焼き鳥名無しさん:2010/04/07(水) 00:18:50 ID:???
多井本なんだけど,これ良形にこだわりすぎてないか?
もっとストレートに打った方がいい気がする。
例えば,115頁
親  356788m68p567778s ドラ3m
で,68p外しを正解にしている。
でも8mか5s切りでいいと思うな。
4m,7pはチーできるでしょ。
門前しか見てないのかな?
また,169頁
5m112345679p4677s ドラ3p
で,4s切りを正解にしている。
素直に1p切りでいいと思うんだけど。
多井は567の三色をみるらしいんだけど,
三色は,けっこう安め引きがあって,確率的にはなりづらい形だと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. おっ(゚o゚)

これは前著とは違うものですか?
(^^ゞ

2. Re:おっ(゚o゚)

>操ゆさん

目次を見た限り。別の本みたいですね^^

3. 無題

順目無視

競技

この時点でかなりデメリット多い本だと思いますがwそれでも買いな内容ってことですかね?

まぁ順は何切るなんで共通で関連牌出てない5順以内と考えたら良いですけど

4. 買います(・∀・)ノ

僕も事前に立ち読みして見開きで問題答えになっていたのに驚きました
(゚o゚)

僕的には赤なしでもよいですね
(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク