記事一覧

東大式麻雀 トップを取る考え方 - 勝負を制す「状況判断」のセオリー


東大式麻雀 トップを取る考え方
 - 勝負を制す「状況判断」のセオリー
著者: 井出洋介
新書: 239ページ
出版社: 池田書店
発売日: 2009/12
価格: 840円(税込)

 
 
■ 内容紹介

この本は、麻雀で勝つために必要な、トップを取るための考え方・具体的な打ち方を解説する麻雀のセオリー集です。
「よし、次はいよいよオーラスだ、トップと何点差だっけ?
 ~差、ということはマンガンで逆転だ」
 このように、オーラスの直前でトップを意識し始める人は、意外と多いのではないでしょうか。
しかし、トップを意識すべき局面は、開局から、ラス前、オーラスなど、さまざまにあります。この本では、例えば、「南1局の北家でトップと4,000点差の2着なら、どのように打つか」といった、ありがちな状況を紹介しながら、トップを意識すべき状況はいつか、そして、判断のポイントは何かを解説しています。
なかなか勝てない初心者から、成績が安定しないプレーヤーにおすすめの一冊です。

目次
第1章 トップを取る基本の打ち方・考え方
◆トップを取るシナリオの作り方
◆1局における状況の考え方
◆点数の考え方
第2章 トップを取る攻めのセオリー
◆リーチのセオリー
◆食い仕掛けのセオリー
◆カンのセオリー
◆待ち選択のセオリー
第3章 トップを取る逆転力・キープ力
◆逆転を可能にする考え方
◆トップを維持する考え方
◆ツキに関する考え方
第4章 捨て牌の読み方
◆捨て牌のセオリー
第5章 トップを取るオーラス・ラス前の打ち方
◆オーラス
◆ラス前
第6章 トータル・トップへのシナリオ
◆トータル・トップを狙うときの考え方
◆トップ取りの実戦例
 

 

購入はこちら → amazon.co.jp

 

■ 管理人の感想

 
”麻雀プロ”はギャンブラーではなくアスリートという信念 (P
166)
 
そんな井出プロらしく、赤や祝儀には全く触れていない。
その姿勢は立派だと思うが、フリーの祝儀ルールでは全く役に立たない本になってしまっている。 赤入りの無祝儀ルールだとしても微妙だ。
解説されているルール ・・・ 食いタン・後ヅケ・一発有り・裏ドラ有り・赤無し・ドボン(飛び)無し。 おそらく 日本健康麻将協会ルール

 
 
井出プロはヤミテンが大好きらしく、フリールールなら即リーチ以外ありえない形でも、ダマにするケースが多い。
何よりも驚いたのが下記の文・・・

私にとって、絶対かけなければいけないリーチというのは、滅多にないと思っています。 (P63)

リーチ大好きの管理人は目が点・・・( ゚д゚)ポカーン
個人的には絶対にリーチが必要な場面というのは、かなり存在すると思っているのだが・・・(´・ω・`)


本書のテーマは『トップ取り』。
順位を考えた打ち方がメインで、牌効率等には触れられていない。
説明自体は詳しいのですが、やはりテーマが狭い。(´・ω・`)

これが何切る形式等になっていれば、一冊まるまる『トップ取り』がテーマの本でも良かったかもしれないが、今回のような解説メインの本では、同じようなことを何度も説明されているような印象を受ける。


オカルト論も少しですが混じっています。
これがまた、なんともスッキリしない書き方なんですよね・・・

科学的に証明できることではありませんが、流れが変わるきっかけとなるのは、たとえば頭ハネのアガリ(ダブロンなしの場合)
をものにしたり・・・(中略)
あるいは、気分がよくなることによって前向きな気持ちとなり、チャンスをものにできるのかもしれませんが。(P140)

デジタル派への対応?言い訳?( ;∀;)
こんな書き方するなら、書かなきゃいいのに・・・(´・ω・`)


内容は、初(中)級者向けなので、何冊も戦術本を読んでいる人には、得るモノは少なそう。
逆に初めての戦術本として購入するなら、牌効率を含んだもの等の方が良いと思われる。 
実際問題、誰にオススメしていいのか分からない・・・(´・ω・`)


辛口でごめんなさい。m(_ _)m
井出プロは良書も多いだけに、ついつい辛口になってしまいました。
 

 
 
初・(中)級者向け 
赤対応:無し
総合評価 53点
   
 

購入はこちら → amazon.co.jp

  

 
誤植
P115 8行目・・・(B図)の文字がいらない 
(B図)の文字を消せば意味は通じるが、本当はC図まであったと思われる)  
 
 
■参考 当ブログで過去にレビューした井出プロの本
東大式 麻雀に勝つ判断力 -打ち筋を理解して強くなる
東大式麻雀 強くなる打ち方 -ネット時代にも対応<攻め>のセオリー
毎日の自主トレで雀力アップ 実戦に強くなる麻雀
東大式 麻雀に勝つ考え方 -攻め・守り・状況判断の新セオリー

 

 
参考になったと思った人はクリック 麻雀ブログランキング
応援宜しくお願いします^^/

  
 

■ 2ちゃんねるの反応
 

8 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 03:17:51 ID:
東大式麻雀 トップを取る考え方
井出 洋介著

9 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 03:19:40 ID:???
よーちゃんまた出すのか

10 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 03:25:03 ID:???
井出洋介はやたら「東大式」ってこじつけつけたがるな。
東大と関係ないことなのに。
井出から東大卒を取ったらただの雀ボーイだからしょうがないかw

11 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 03:42:47 ID:???
東大出の雀ゴロ

12 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 04:07:32 ID:???
豆知識
池田書店は東大式、ナツメ社は東大流で本を出してる

13 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 05:52:36 ID:???
ラーメン東大

14 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 08:07:38 ID:???
本人は東大式なんてタイトル使いたくないけど
この方が良く売れるからと出版社が勝手につけるらしいよ

15 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 09:10:10 ID:???
そらどこぞのFランが書いたかもしれない本より
東大ってあざとく明記されてる本のほうが食指うごくわ

16 :焼き鳥名無しさん:2009/12/05(土) 09:17:27 ID:
東大式~はブランド戦略だしな
また中卒自称麻雀プロたちに対するあてつけの意味あいもあるでしょ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 井出さんの本といえば

昔結構読みました。
(・o・)

懐かしいから買ってみようかな。
(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク