fc2ブログ

記事一覧

一人麻雀 (MAHJONG GAME BOOK!)

一人麻雀

一人麻雀 倒せ!10人のライバルたち…の巻 (MAHJONG GAME BOOK!)
近代麻雀特別編集
単行本(ソフトカバー): 222ページ
出版社: 竹書房
ISBN-10: 4812406803
ISBN-13: 978-4812406809
発売日: 2000/10
価格: 580円(税込)
 
 
 

■ 内容紹介
 
 
読めばグングン雀力アップ。読み進むほど麻雀が強くなるシュミレーションゲームブック、ついに登場!!

 
 

■ 管理人の感想
 
  

なんと麻雀のゲームブック。
ゲームブックと言っても、今の若い子は分からないかも?
一言でいうなら、アドベンチャーゲーム(AVG)やロールプレイングゲーム(RPG)を本でプレイするものです。

参考:ゲームブック『ウィキペディア(Wikipedia)』


まずは、日本におけるゲームブックの歴史について簡単に説明を・・・

GAME BOOK

1984年、日本語版・『 火吹山の魔法使い 』が社会思想社より発行されベストセラーとなりました。
これは管理人も読みました。一時期ブームとなり、書店にはすごい数のゲームブックが並んでいました。
ですが、一連のブームは1990年代を待たずして衰退したと言われています。
原因はいろいろ考えられますが、やはりファミコン等の家庭用ゲーム機の普及が一番大きいでしょうね。
その後も、ぼそぼそ発刊されたり、復刊されたりしたようですが、ブーム自体は1990年代を待たずに終わったと言えそうです。


参考:日本のAVG及びRPGの歴史(PC及び家庭用ゲーム機)
1983年 ミステリーハウスポートピア連続殺人事件
 スターアーサー伝説Ⅰ『惑星メフィウス』
1984年 オホーツクに消ゆ (初の「コマンド選択方式」AVG)
 ザ・ブラックオニキス (日本初のファンタジー・コンピュータRPG)
 サラダの国のトマト姫  、 ハイドライド  
1985年 ポートピア連続殺人事件(FC版)
1986年 ドラゴンクエスト
1987年 ファイナルファンタジー
各タイトルをクリックすると、懐かしい画像が見れるよ。(^ω^)

 

参考:
アドベンチャーゲーム『ウィキペディア(Wikipedia)』
コンピュータRPG『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 

今回の『一人麻雀』が刊行されたのは、2000年10月。
2000年10月というと、プレステ2も発売されていた時代・・・。
ブームが終わっているとか、いないとか、既にそういう次元じゃない・・・。( ゚д゚)ポカーン

 
今回の『一人麻雀』は9個のmission(麻雀の一局)に分かれており、mission毎にゴール(和了)があります。
通常ゲーム部ブックは、数十~数百個のパラグラフ(段落)に分けられています。大型のものは1000を超えるとか?
この本のゴールまでの最大パラグラフは、たったの21。Σ(゚д゚lll)
1ページには1パラグラフ(段落)しか書かれていないので、最大でも21ページめくれば必ずゴール(和了)にたどりつける。
一応それが9章(9mission)ありますが、誰が読んでもあっという間に終わります。( ;∀;)
また、読み返すような本でもないしねぇ・・・。(´・ω・`)


その他ツッコミどころ満載。

以下は、画像と使って紹介します。
本の中身をアップするのは問題があるのだが、既に絶版ということもあり、お見逃しを・・・m(_ _)m

  
 
一人麻雀-1

mission8はオーラス。2着に31300点という大差を付けた状態からスタート。(どんな設定だ?( ;∀;))
しかも、対戦相手の一人(一匹)は犬。(´・ω・`)


一人麻雀-2

左のページで緑一色テンパイ・タンキ選択。
右のページで「緑一色ツモォ~~~!」 

左のページから右のページへ移動するだけ???(((( ;゚Д゚)))
しかも、これが唯一のゴールという一本道。
他の選択肢は全て「GAME OVER」である。(´・ω・`)


麻雀本コレクターの必須アイテムとも言えるこの一冊。
いかがですか?(´・ω・`)
 

 
コレクター向き。
赤対応:無し
総合評価 5点

  

購入はこちら → amazon.co.jp

 

なにか とれ ・ ふく 麻雀ブログランキング

懐かしい画像に感動したって人は応援クリック
 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

1. 無題

もはやネタの領域ですねw
AVGの歴史みたいなのも面白かったです。

2. 無題

火吹山の魔法使い 家にまだありますよw

この本は全く読む気になりませんが・・・

3. こんばんは!

ペタペタありがとうございました。

麻雀はPCか携帯電話でやるくらいの素人です。細かいルールが覚えられなくて。

関係ありませんが、
ブラックオニキス、ハイドライド、
めちゃくちゃ懐かしいです。

4. 無題

これはwww
ぜひ一度全部読んでみたいです。
これを買ってるウザクさんレベル高すぎです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
▶『麻雀 傑作「何切る」300選』2016年8月6日発売 第2刷8月8日、3刷9月、4刷12月。5刷2017年5月、6刷2018年3月。7刷2019年1月、8刷11月、9刷2020年12月、10刷2022年10月、11刷2023年8月(累計27000部)
▶『麻雀 定石「何切る」301選』2017年7月27日発売、第2刷8月。3刷2018年9月、4刷2019年4月、5刷2020年4月、6刷12月、7刷2021年11月、8刷2022年11月、9刷2023年11月(累計26000部)
▶『ウザク式麻雀学習 牌効率』2019年3月28日発売、第2刷4月、3刷2020年3月、4刷8月、5刷12月、6刷2021年7月、7刷11月、8刷2022年8月、9刷10月、10刷2023年7月、11刷2024年4月(累計37500部)
▶『ウザク式麻雀学習 はじめの書』2021年2月20日発売(7000部)
▶ウザク本シリーズ累計97500部(数字は電子書籍含まず)

検索&リンク

サーチアマゾンで『ウザク本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀本』を検索
サーチアマゾンで『麻雀DVD』を検索
サーチDMMで『麻雀』を検索
名古屋ラーメン新店リスト 麻雀カレンダー
月刊ネットマージャン mixi はてなブックマーク
DMM同人人気ランキング

ブログ更新アンテナ(一般)

ブログ更新アンテナ(麻雀プロ)