記事一覧

【簡易レビュー】 「何切る」で覚える 麻雀基本手筋コレクション (日本プロ麻雀連盟BOOKS)


「何切る」で覚える 麻雀基本手筋コレクション (日本プロ麻雀連盟BOOKS)
著者: 日本プロ麻雀連盟
単行本:224ページ
出版社:マイナビ出版
発売日:2017年2月23日
価格: 1,490円+税


 
内容紹介 
 
本書は日本最大の麻雀プロ団体、日本プロ麻雀連盟が贈る、麻雀に勝つために必要な手筋を解説した一冊です。 
 
まず、それぞれの手筋に関する何切る問題を解いて、その解説を読み進めることで次々に手筋が覚えられる構成になっています。 
 
第1章で最も基本的な部分である牌効率の手筋を学びます。それを踏まえた上で、第2章で打点も考慮した手筋を解説し、さらに第3章でチー、ポンといった仕掛けの手筋を学びます。一冊を通して読むことで、自分の手のプラスをどうやって最大化すればよいかが身につく内容になっています。
 
今よりさらに上のレベルを目指したい初・中級者の方には特に読んでいただきたい一冊です。
 
  
 
■目次
 
第1章 メンゼン牌効率重視の手筋
第2章 打点も考慮した手筋
第3章 食い仕掛けの手筋
第4章 手役を考慮した手筋
 
  
購入はこちら → amazon.co.jp  
 

 
管理人の感想
 
※まだ解説全部読んでいません、問題だけ全部解きました。途中まで読んだ時点でのレビューです。
※と、いうか何切る本のレビューは書きづらいので、これ以上書かない可能性が大です。
 

「何切る」で覚える 麻雀基本手筋コレクション 
 
問題数150。1ページに3問掲載。解答は1問につき1ページづつ。
解説に1問1ページ割いてあるため、ウザク本で解説が足らないと思った人には良いかも?
だけど、3問目の問題を見直そうと思うと3ページ(枚数でいうと2枚)も戻らないといけないのがちょっと大変。
解説ページに問題を再掲載しておけば簡単に解決できたのはずなんですが・・・(´・ω・`)
 
 
 「何切る」で覚える 麻雀基本手筋コレクション
 
この「東1局・配牌」と余分なことを書いたのが、一番の失敗だと思います(´・ω・`)
全体的に受け入れ枚数重視でスピードを意識した解答になっているんですよね。
「東1局・配牌」なら、大きく狙うだろって人も多いと思います(´・ω・`)
 
 
基本手筋ということもあってか、見たことない形はなかったですね。
問題の質、解答の質は、実際に本を見て確認して下さい。

 
 
購入はこちら → amazon.co.jp  
 
 
「レビュー乙」って人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 
■誤植とツッコミ
 
意見が合わないものに関しては、気が向いたら書きます。書かない可能性が高いですが(´・ω・`)
何が正解かどうかは別にして、かなり意見合わないですね(´・ω・`)


 
 

■関連リンク
 
 
 




 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

G・ウザク

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日増刷(3000部)決定!
9月28日第3刷(2000部)決定!
12月2日 4刷(2000部)決定!
12月13日より電子書籍版の発売が開始されました!スマホでも読めます!
5月2日 5刷(2500部)累計14500部に!
あおい・あかね

検索&リンク