記事一覧

【レビュー】 フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ (雀ゴロK・著)

フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ
フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ
著者: 雀ゴロK
単行本:224ページ
出版社:彩図社
発売日:2016年7月25日
価格: 1,300円+税
 
 
■内容紹介 
 
発売するや大増刷を重ねた雀ゴロK本の第2弾!
今回は中級者を完全に脱出するために、前著の内容をグレードアップ。
ライバルの一歩先をいく手順や鳴きのテクニックから、立体牌図を使った押し引き判断、トップをもぎ取るためのオーラスの攻め方まで、あらゆる局面で使える実践打法を網羅。
本当の強者になりたい人、必読の書! 
 
著者について

1987年7月30日生まれ。愛知県出身。地元で雀荘を開く資金を稼ぐという目標のために上京。
ピン東の雀荘でメンバーをしつつ、休日は高レートのセット麻雀で稼ぐ日々を送っていた。
2015年3月に自分が目標にしていた貯蓄額に達成し、高レートは引退。
その後、名古屋市大須に「麻雀Bucks」という雀荘をオープンし、現在は雀荘経営に勤しむ日々を送っている。
 著書に『純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法』(彩図社)がある。
 
 
■管理人の感想 
 
フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ
 
画像は『 雀ゴロK本のコラムと戦術(雀ゴロKの麻雀日記)』より。
リンク先に、いくつかサンプルがあるので、参考にして下さい。
 
本のフォーマットは前作とほぼ同じ。今回もフリー雀荘で使える超実戦的な戦術が満載です。
鳴き祝儀アリの祝儀5000点相当のルールを想定した戦術です。このルールで勝ちたい人は即買いで間違いありません。
チップの金額はあまり影響がなくて(点5のチップ100円・200円でも同じ打ち方で良い)、問題は鳴き祝儀かどうかだと思います。
 
フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ 
 
上の画像は奥付ページなのですが、かなりの人数でチェックしているのがうかがえます。こういうのは信頼性が出てすごく良いと思います。(※ちなみに、私も入っていますが、ちょうど自分の本の締め切りと重なったので、簡単な誤植チェックと気になった牌姿を数点指摘しただけです。ごめん(´・ω・`))
雀ゴロK本というと、一見やりすぎとも思える鳴きや押し引きバランスですが、こういう複数人チェックを見ると、これこそが絶妙なバランス感覚なのかな?と思えてきますね。
 
2冊目だというのにネタ切れ感がないのはすごいですね。
いきなり今作から読んでも全く問題ありませんが、前作の延長線上の戦術もいくつかあるので、できれば前作と合わせて読むことをオススメします。
 
 
中~上級者向き 
赤対応:あり(鳴き祝儀5000点相当)
 
総合評価 発売日前なので点数は後日。・・・と言っちゃうと点数しか見ていない人が困ると思うので・・・まあ90点以上付けますよ。
(※鳴き祝儀は今後この本の戦術がスタンダードになると思われるので、対策のためにも読まないことには話にならないとですね(´・ω・`))
 
 
購入はこちら → amazon.co.jp  
 
 
しかし、最近の戦術本ラッシュはすごいですね。当たり障りのない内容をまとめただけものが多いですが、この本の内容は攻めすぎなぐらい攻めてますねw
 
「ウザク本と一緒に買いますw」って人はクリック(*´ω`*)  麻雀ブログランキング 
 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日増刷(3000部)決定!
9月28日第3刷(2000部)決定!
12月2日 4刷(2000部)累計12000部に!
12月13日より電子書籍版の発売が開始されました!スマホでも読めます!
あおい・あかね

検索&リンク