記事一覧

「1シャンテンピーク理論」がよくわかる牌姿

 
 
911

 → 【麻雀本】何切るの鬼 (福地誠blog)
 
先日、福地先生のブロクで話題になった何切るですが・・・
ここで、5sを切りを主張する方も、下の牌姿を使った解説なら納得できるはず。
 
 
 
  
現在1シャンテン。何を切りましょう? 何の手役が欲しいですか?
 
1シャンテンピーク理論  
 
 タンヤオが欲しい → 打9m
 ピンフが欲しい → 打7p
 三色が欲しい → 打2s


選んだら、一手進んで1シャンテンになった形を見てみましょう。 
それぞれの打牌後に2pを引いた形を並べてみます。
 
イーシャンテンピーク理論 
 
さきほど選んだ手役が一番完成しやすい牌姿になっているのがわかるでしょうか?
 
 
 
ウザク本の麻雀理論特集に収録されます(宣伝w)
 
 
「ウザク本買います」って人は応援クリック(*´ω`*)  麻雀ブログランキング 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

すみません、いきなり1シャンテンピーク理論の話されても、どういう理論なのかわからないのです。
1シャンテンピーク理論の説明してあるページなどありましたでしょうか?

No title

>現在1シャンテン。
現在2シャンテン。
三色および一盃口をみて、筒子で一盃口ができたときの雀頭として
五索を対子で残しておくという理解でよろしいでしょうか。

福地誠blogのコメント欄に書き込んであった 23m244779p556789s ならば
五索切りでよいのでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク