記事一覧

【近代麻雀】 かつて、鉄ポンと言われた問題 【福地誠】

近代麻雀 雀ゴロ日記 福地誠
(※画像は、近代麻雀2015.9.1号『雀ゴロ日記』より)
  
 
当時(2010年)、鉄ポンと言われた問題ですが、現在だとどうなんでしょ?
 
参考1 → 【近麻】3月1日発売号  (福地誠blog)
  
 
今見ても微妙な牌姿の気がします。
漫画の中で福地先生が「見送ってカンチャンでいいからリーチをめざす。半歩前進すべからず。」と言っていますが、これ管理人はノミ手カン4リーチは打たないので福地先生とは前提条件が違います(´・ω・`)
前提条件が違う上で考えると、亜リャンメン6-9もそれほど悪くない気がします。
 
 
なお、この牌姿はコンビニ本『麻雀 勝ち組の選択2』に収録されているのですが、5筒が赤になっています。
うん、ドラ無しとドラ1では、全く違う問題ですね(´・ω・`)
 
 
・・・って記事書いた後に過去記事を確認したら、当時の近代麻雀掲載時から赤5筒でした(´・ω・`)
どうも漫画の誤植みたいです(´・ω・`)。せっかく書いたので、このままアップします。
赤1なら、鳴いても鳴かなくてもどっちでもいいわ(´・ω・`)

 
 
「どちらにしろ、これ鳴くわ」って人はクリック  麻雀ブログランキング

 


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク