記事一覧

【レビュー】 ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100 (比嘉 秀仁・著)


ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100 (マイナビ麻雀BOOKS)
著者: 比嘉 秀仁
単行本:224ページ
出版社:マイナビ
発売日:2015年6月23日
価格: 1,490円+税


 
内容紹介 
 
待望の「天鳳何切る」ついに誕生!!
本当に強くなりたいと願う人だけお読みください。
 
ネット麻雀最大手「天鳳」のトッププレイヤー50名(木原浩一、渋川難波、ASAPIN、独歩、すずめクレイジー、太くないお、タケオしゃん♪、コーラ下さい等)が何切る問題に回答。その総括を日本プロ麻雀協会・比嘉秀仁プロが行うという新しいタイプの何切る本です。
 
丁寧な解説で、ネット麻雀だけでなくリアル麻雀でも大いに役立つ内容となっています。現代麻雀において、押さえておかなければならない全6テーマをしっかりと収録しています。雀力アップにお役立てください。

 
【目次】
第1章 押し引き
第2章 リーチ判断
第3章 鳴き判断
第4章 ベタオリ判断
第5章 テクニック総合
第6章 オーラスの打ち方
ネット強者・天鳳プレイヤーたちの紹介
コラム(1) 比嘉秀仁の麻雀年表
コラム(2) 天鳳を介してのファンとの交流
コラム(3) 天鳳と麻雀プロ
 
【著者】
比嘉 秀仁(ひが・ひでひと)
日本プロ麻雀協会所属、第7回日本オープンで準優勝。
ネット麻雀でも人気を集める注目のプロ雀士。
 
【回答者】
ASAPIN(初代天鳳位)、独歩(第3代天鳳位)、すずめクレイジー(第4代天鳳位)、太くないお(第5代天鳳位)、タケオしゃん♪(第6代天鳳位)、コーラ下さい(第7代天鳳位)、【罪歌】(日本プロ麻雀協会・木原浩一、最高位戦クラシック制覇)、闘士☆渋川老(日本プロ麻雀協会・渋川難波、雀竜位獲得)、青山学院4年、天城小次郎、一方通行、稲作ヴォルケイノ、イニエスタ、いぬじゃらし、ウルトラ立直、川村晃裕、くにひこまる、クロノス、西園寺靖子、最速クン♪、サウリー(麻将連合・田村洸)、さくらこ/怖くないお、たじまなみ、チーター、ちくき(日本プロ麻雀協会・菊地俊介)、天鼓/黒猫@ぺろぺろ☆、どんよく(日本プロ麻雀協会・近藤千雄)、なんなんだー(日本プロ麻雀協会・綱川隆晃)、びりびり☆びりー、ふかみ、麻雀世界(RMU・仲川翔)、ママご飯まだ?(日本プロ麻雀協会・坪川義昭)、水希、南斗のレイ、みみず、民芸、メカゼットン、ヤキン、ゆいちゃんのパパ、遊走、リツミサン、禰摩多、bakase、hayato☆、macjr、nakajuun、shoot39、taroo、tj-micro(日本プロ麻雀協会・田島陽平)、Venus Say

   
  
購入はこちら → amazon.co.jp  ・ Kindle版  
 


 
管理人の感想
 
ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100
 
強者の最新手筋100 サイズ660
 
 
立体図の問題が1ページ、めくったページが解答という2ページ1セットの立体何切る問題集。
1問に対し3人が回答、日本プロ麻雀協会の比嘉秀仁プロが総括という形を取っています。
問題の難易度に関係なく、全100問すべてこの形式。例外はありません。 
回答者にズラっと並んだ天鳳高段者。天鳳ファンブックとも言える本ですね(*´ω`*)
 
 
本の構成上で気になったのは、鳴くか鳴かないかのキーになる牌がわかりづらい点ですかね?
せめて問題ページの文章内に、どの牌か書いてくれれば良かったのだが? 

 参考 → 【比嘉本】 鳴き判断 【強者の最新手筋100】 
 
 
一番の問題点は、やはり情報量(解説)の少なさでしょうか?
解説の文字数は、ページあたり最大でも28文字×18行(見出し除く)、これだけの文字数で4人分が収められています。リーチ判断(リーチする?しない?)等の問題はともかく、読み関係の問題はこの文章量では厳しい。せっかくの高段者の解説が活かされていない部分も多々見られます。
また、ベタオリ判断(安全牌探し)の問題であっても、手牌を開いた牌姿やリーチの待ち等は公開されていません。  
 


比嘉プロの考え方をどう捉(とら)えるかで、評価が大きく変わりそうです。
相手の待ちを「=解答」とするか? 強者の思考を「模範解答」とし、それで良しとするか?
でも、回答が別れてるものはどうしましょう・・・(´・ω・`)
何を求めて何切るをやるかは人それぞれだと思いますが、管理人は解答ページを見た時にスッキリ感も欲しかったですね。なので、わざわざ何待ちかを隠す作り方には不満を感じました。
少なくとも「最終的に振り込みました(あえて何で振り込んだかは書きません笑)。(P146)」と書くスペースがあるなら、何待ちかを書いてもらった方が良いですね(´・ω・`)
 
  
感じ方、楽しみ方は人それぞれなので、使い方次第でしょうか?
沢山の高段者が解答しているので、誰がどう回答するかを予想しながら読むのも面白い。 
あきらかに解説不足の問題もあるが、逆にサクサク読めるとも言えなくもない。
1ページ1問の何切る形式なので、Kindle版を買ってスマホの中に入れておくのも良さそうですね(*´ω`*)
  
 
 
中級者向き (※解説不足を理由に上級者には微妙と判断)
赤対応: アリ
 
総合評価 72点(※回答者を知ってる人数と、比嘉プロの考え方に賛同かどうかで適当に増減させて下さい。)
 
 
購入はこちら → amazon.co.jp  ・ Kindle版  

  
「何待ちか出さないのは確かにモヤモヤする」って人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 
■誤植とツッコミ(※比嘉プロのブログで誤植報告されてないもののみ)
 
P80 メカゼットンさんの回答で「リーチしない」と書いてあるが、打牌が書いていない。
P123 下家9m 対面北 両方鳴ける。捨て牌の枚数を見れば対面北とわかるが、問題不備か? → 参考 
 
比嘉本 誤植報告 (日本プロ麻雀協会・比嘉秀仁【10段達成(*´ω`*) 】の天鳳遊戯)
比嘉本 回答補足 (麻雀フェスタ)
 

 

■関連リンク
 
麻雀プロなので麻雀の本を出します【比嘉本】  (日本プロ麻雀協会・比嘉秀仁の天鳳遊戯)
比嘉本 内容ちょっと公開  (日本プロ麻雀協会・比嘉秀仁の天鳳遊戯)
比嘉本 回答補足 (麻雀フェスタ)
強者の最新手筋 自分的回答 (ちみちゃんのてんほー日和)
強者の最新手筋100 レビュー (DORA麻雀ファン) 
 


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

天鳳は全く打たない人への点数も別に付けて欲しいです
天鳳ルールじゃなければ即買うんですけどね

No title

>ななしさん
 
問題ページに「フリー」と書いてあるものは21問でした。
ただ、天鳳で「押し」になるものは、フリーなら当然「押し」なので、そのまま使えます。
そういうものも入れると天鳳以外でも結構使えます。
回答者を知ってる人数で評価が変わると思います。天鳳に全く興味なくて、天鳳位の名前も全く知らないとかであれば評価だだ下がり?みたいな感じですかね?
私も天鳳打ってないので、ほぼそのままの点数と思って見て頂けると良いかも?

マイナビって「総括」という単語を安直に用いますよね。良本だとは思いますが、これは総括ではなく所感でしょう。この違和感が常につきまとうのが残念です。
 
「進取果敢」とかも同様ですね。内容は凄いイイのに…

個人的には解答を出すかはバイアスがかかるという理論に納得です
待ち読みメインの本ではなく、あくまで押し引きメインの構成だとおもうので

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク