記事一覧

【レビュー】 「牌効率」入門ドリル76 (福地誠・著)


「牌効率」入門ドリル76
著者: 福地 誠
単行本:224ページ
出版社:洋泉社
発売日:2015年4月11日
価格: 1,200円+税

 
 
内容紹介 
 
早く、確実にテンパイする技術――「牌効率」
 

麻雀の基本であり、麻雀強者と言われる人たちは
必ず「牌効率」を使いこなしている。
 

あなたが麻雀に勝てないとしたら、
それは「高度なテク」が不足しているのではなく、
「牌効率」ができていないからだ。
 

本書をマスターすれば確実に「牌効率」の基礎が固まる。
「牌効率」をマスターするための珠玉の76問。  
 
 
 

購入はこちら → amazon.co.jp  

 
 
 
管理人の感想
 
この本も校正+αとして手伝っています・・・ 今回は、校正者側からのレビューをします(*´ω`*)
 

2014年7月に刊行された、『 これだけで勝てる! 麻雀の基本形80 』(竹書房)の強化版になります。
 
「牌効率」入門ドリル76

 「牌効率」入門ドリル76
  
購入を迷っている人が一番気になるのは、「前作持ちが買う価値があるか?」という点だと思われますが、前作が良書と思われた方は「絶対に買い!」で間違いないです。 
お姉さんは前作のあきこちゃんの方がかわいいですw でも今回は女子高生で若いですw
あと2色刷りというのも見やすいですね(*´ω`*)
 
 
問題のレベル的には、前作より難易度の高いものが多く収録されています。(序盤は除く)
校正時にツッコミを入れた際に、解答が変わるぎりぎりのラインを提案したのもあってか、結果的にかなり問題が難しくなってしまったかも?
(※一部、管理人の打牌選択と異なるものも収録されています。 どれか分かるかな?w
 
管理人は解答がハッキリした問題を作りたいタイプ、つまり「異論が出ない問題を作りたい派」なんですね。
それに対し、福地先生は「異論歓迎派」・・・なのかな?
福地先生のことばと借りると、「大事なのは世間での評価じゃなく、読んだ人が読んだ甲斐を得られること」。
個人的な意見ですが、このあたりのバランスが上手く取れた本に仕上がってると思います。
 
おそらく中級者以上がダルいのは、最初の50ページだけで、それ以降はかなりタメになる内容だと思われる。
5ブロック理論を使って解く問題ということもあってか、答えを知っている管理人が読んでも、ひと目で解けない問題が多いですね。
  
  
「牌効率」入門ドリル76
 
まさに漫画の通りで、地味ですが確実に成果につながる良書。

何度も読みなおして、確実にモノにしましょう(*´ω`*)
 
 

 
初~上級者向き(内容的には初~中級者向けだが、難易度の高い問題も多く収録されている) 
赤対応: アリ
 
総合評価  ??点 
 
 

購入はこちら → amazon.co.jp  
  
「購入を決めたよ!」って人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 
 

■誤植とツッコミ
 
P158 5メンチャン → 4メンチャン
 
 

関連記事
 
【麻雀本】「牌効率」ドリル76  (福地誠blog) 

【レビュー】 これだけで勝てる! 麻雀の基本形80 (福地誠・著)  

「牌効率」入門ドリル76 Q25「 2468m33578p2378s ツモ2s」

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

違和感ある問題が結構あった。ウザクさんが疑問に感じた問題このブログでまとめてよ

2. 続編は?

今回は入門編

次は基本編、応用編と
続編が販売されますか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』

検索&リンク