記事一覧

【レビュー】 神速の麻雀 堀内システム51 (堀内 正人・著 , 福地 誠・編)


神速の麻雀 堀内システム51
著者: 堀内 正人  編集: 福地 誠
単行本: 168ページ
出版社: 洋泉社
発売日:2015年2月13日
価格: 1,400円+税

 
 
■内容紹介 
 
古き良き麻雀はここまで殺された!
 
25歳という若さ、デジタル系の打ち筋で、プロ連盟にて彗星のように現れたスターとなるが、2013年11月の第30期十段戦の決勝戦途中で、あいまいな理由で失格処分にされ、麻雀界を騒がせた堀内正人の戦術本 ついに完成!!
  
以下、編者・福地誠のまえがきより抜粋――
ホーリーの麻雀をひとことで言うなら「ファストフード打法」でしょう。マックとかモスとか、そういう麻雀です。
これまでの打ち手は、フランス料理のシェフとか日本料理の板前をめざしてきました。熟練の技によって場況を判断していくと。
しかし、ホーリーは違います。場況は気にしないというのです。めざすのは、いつでも、どこでも、誰が作っても同じ味になる安定したファストフードです。
 「バイトが作ってもプロの仕上がり」、これが堀内麻雀です。
ここまで徹底した単純作業的な打ち方で強いって見たことありません。
 (略)
こんな麻雀を打って、いつも勝ってたら、そりゃ老人たちにいじめられるのもわからんでもないよなー。そう思いませんか?
 
  
目次
【巻頭特集】 堀内麻雀への証言、ホーリー年表
【第1章】 手順のシステム5
【第2章】 リーチのシステム17
【福地誠責任編集 麻雀トーク1】 プロ連盟 終わりのはじまり
【第3章】 鳴きのシステム21
【福地誠責任編集 麻雀トーク2】 プロ連盟が訴えてくることは可能か?
【第4章】 オリのシステム8
【巻末麻雀レポ】 データ研究者の苦悩  
 
 
購入はこちら → amazon.co.jp 
 

 
 
■ 管理人の感想
 
この本も校正+αとして手伝っています・・・ なので、レビューしづらいですね(´・ω・`)
   
 
  
全編、上画像のような構成で、お題に対しての解説。
リーチ判断などは、統計データから答えを導き出したもの。
下段には、牌姿を使った数多くの例を紹介しています。
お題、例題共に、すべて実戦で頻出する形ばかりです。
 
 

 (画像は、『はじめに(まえがき)』より抜粋)
 
これまでの戦術本は、”頭では理解できても、自分のモノにするまでが難しい”というものがほとんどでした。
ですが、この本は違います・・・編集の福地先生曰く「ファストフード打法」。
「バイトが作ってもプロの仕上がり」というように、中級者でも簡単に真似できてしまいます。
 
”簡単に真似できる”、これは決してオーバーな話ではありません。
『戦術の簡素化(徹底した単純作業的な打ち方)』 プラス、実戦で頻出するパターンを数多く収録・・・
これにより、戦術論が吸収しやすい形になっており、読後すぐに実戦で活かせます。
しかも、データに裏付けされた部分も多いので、デジタル派はもうこれで打つしかない。
古き良き麻雀は死んだ、なんとも恐ろしい時代が来てしまったようです・・・(´・ω・`)
 
今後、平面でも立体でも、何切るを解答する際には、まずこの本を基準に意見が出されることが予想されます。
この本を読んでない人は、”麻雀を語る資格ナシ”とまで言えそうですね・・・(´・ω・`) 
 
 
 
   
戦術の間に楽しめる、麻雀トーク。 これもこの本の魅力のひとつ。
『福地誠・責任編集』とあるように、「何かあったら責任取るよ」と言わんばかりのタイトルですねww
2本のトークはどちらもプロ連盟絡みのもの・・・あの『 第30期十段戦・堀内正人プロ失格事件 』からプロ連盟の闇に迫ります!
 
 
「読んですぐ使える」「最新データ満載」「面白い」「何度も読み返しやすい」
・・・なんともすごい本が出来てしまいました。 保存用と携帯用に、2冊買いましょう(´・ω・`)
 
 
中~上級者向き 
赤対応: アリ
 
総合評価  ??点 
 
  
購入はこちら → amazon.co.jp 
 
 
「超良書!」「絶対に買い!」で間違いのない一冊ですが、今回も採点を見送ります。
気になる点は校正時に指摘しているので、管理人がツッコめる所はありません(´・ω・`)
 
 
「ちょっと、言い過ぎじゃないの?」と思った人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 

 
 
 
■誤植と修正
  
P12(2011年)誤植 発王戦 → 發王戦
P33[牌8]誤植 打点も待ちがよくなるとき → 打点も待ちも
P44[牌7]キャプション差し替え 8巡目まではダマのアガリ率が高く、8巡目以降はリーチとダマは大差ない。 参考 → 数理的麻雀研究サイト「現代麻雀理論」 
P60誤植 アガリ率と放縦率の比較から、 → 放銃率
P60誤植 危険牌10%の危険牌を切って追いかけて → 危険度10% 
P71誤植 祝儀ありの場合はリーチにするかダマにするので → ダマにするかで  
P78誤植 和泉由紀子→ 和泉由希子
P80誤植 ルノワール → ルノアール 
P141[牌3]修正 5sポン → 8mポン
P164・2段目~3段目 「そのデータを使い方が適正であるか」 → 「そのデータの使い方が適正であるか」
 
  

■関連記事
 
第30期十段戦まとめ (堀内正人プロ失格処分) リンク集  
【麻雀本】堀内本の緻密さ (福地誠blog) 
鬼のように、と言うけれど  (数理的麻雀研究サイト「現代麻雀理論」) 
神速の麻雀 堀内システム51~感想 (ドラ待ちっくな日々)
究極のファストフード麻雀!!「神速の麻雀 堀内システム51」 (近代麻雀漫画生活)
完全一向聴VSドラの補充 (とりあえず麻雀研究始めてみました)
堀内本感想【麻雀】 (MAXBET)
ヒーロー。   (東風戦メンバー戦記) 
神速の麻雀 堀内システム51 レビュー (DORA麻雀ファン) 
 
 
  
記事内で、引用された関連リンクはこちら・・・
 ・堀内正人プロ失格処分についてのご説明【コメントあり】 
 ・【森山茂和】TV対局史上初!? 衝撃の一打(いや、ニダ)【プロ失格】 
 ・第30期十段戦 まとめ (堀内正人プロ失格処分) リンク集  
 ・【麻雀】プロ連盟からのラブレター 
  
  




 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. この本で使われているデータは私だけのものではありません。

>リーチ判断などは、数理的麻雀研究サイト「現代麻雀理論」 の、みーにんさんによる最新の統計データから答えを導き出したもの。

 本のネタバレになってしまいますが、他の研究者の名誉がかかっているので、先に主張しておきます。

 違います。
 もちろん、私のサイトのデータも入っています(確かに、表示されたページのグラフは私のものです)。
 しかし、この本に使われているデータの大半は

 北HAZさん
 私
 nisiさん

 のものであって(一箇所ひいいさんのサイトから引っ張ってたものもありますが)、私のデータは全体の3分の1程度です。
 ちなみに、このセッションのリーチ判断を裏付けるデータは北HAZさんの局収支のはずです(次のページに局収支のグラフがある)。

 あたかも、私のデータだけで本書が成り立っているかの如く喧伝しないでください。

 ネマタさんの1冊目の本の際に、私がしていないシミュレーションを私がしたこととされたり、私が研究した内容をぐっさんの研究であるなどとされ、不愉快な思いをしましたが、自分は加害者(共犯者)になるのはごめんです。

 取り急ぎ指摘のみ。
 では。

2. Re:この本で使われているデータは私だけのものではありません。

>大沼 啓さん

大変失礼しましたm(__)m
 
上手い書き方が思い浮かばなかったので、さらっと「リーチ判断などは、統計データから答えを導き出したもの。」と致しましたm(__)m

3. 人名

78ページだったでしょうか。
『和泉由紀子』とありましたが『和泉由希子』です。
人名の漢字間違いはイタダケナイですね。

4. 熱い批判

p141の牌3は7sがノーチャンスだから2mの前にそっち切った方が良いンゴwww

5. データのミスが発覚しました

すいません、1個前の投稿は文章起案中に投稿してしまいました。
削除願います。

文章の根拠となるデータのミスが見つかりました(しかも、リーチのダマを読み違えたという単純なミス)。
グラフや表の誤りではないですが、もう少し詳細に調べたらまた書き足します。

6. 質問

とつげき東北さん→福地さんと信仰しておりますので
ホーリー本とても楽しく読ませていただきました。
今後堀内システムも信仰していきたいと思います

反芻して取り込める部分は取り込んでいきたいと考えております。

さて、127P「テンパイからの鳴き」の項目について気になったので
質問させていただきます。

こちらの鳴き候補に九萬があがっていなかったのですが
これはなぜなのでしょうか。

鳴いた後の形は三面張となり、高め一萬にて一通となりますので
鳴くべきかと思ったのですが、なにか見落としがあるのでしょうか。


また、みーにんさんのあとがきの164P二段目~三段目
「そのデータを使い方が適正であるか」は
「そのデータの使い方が適正であるか」の
誤植ではないでしょうか。


管理人様にお聞きする内容かどうか疑問でもありしたが、
○○○をされた立場ということで質問させていただきました。
(「他人のあとがきまではしらんがな」といわれたらそのとおりですw)

ご回答いただけますと幸いです。

7. 自分の投稿の校正

上記投稿の○○○は「校正」と記入しようとしていて、そのまま投稿してしまいました。
自分の文章の校正ができておらず大変失礼しました。

8. Re:まとめレス

>スローニンさん
 
申し訳ありません。訂正させて頂きます。
ご指摘ありがとうございましたm(__)m
 
>ンゴ川球児さん
 
ポンした牌を変更することで対応させて頂きます。
ご指摘ありがとうございましたm(__)m

>大沼 啓さん
 
誤植・修正の欄に入れました。
リンクも貼っておきました。

>キムコウさん

6-9萬待ちなので、九萬はアガリですね。

「そのデータを使い方が適正であるか」は、微妙ですが(※一応意味は通じる)、誤植ですね。訂正させて頂きます。
ご指摘ありがとうございましたm(__)m

9. 自分に失笑

なんということでしょうw
九萬は上がりでしたかww

重ね重ね大変失礼いたしました。

精進します。

10. 無題

気付いた点をいくつか・・・

P. 33 牌8 「打点も待ちがよくなるとき」
→「打点も待ちもよくなるとき」でしょうか。

P. 38 牌6 「変則的のため」
→「変則的だ」は形容動詞なので、「変則的なため(もしくは変則のため)」の方が良さそうです。

P. 52 牌6
→「~」が小さいのが少し気になりましたw

P. 58, 60 お題
→この2ページだけ「三」萬の文字が太いですねw

P. 60 本文(後ろから2行目) 「危険牌10%の危険牌」
→「危険度10%の危険牌」

P. 61 牌6 「ダマでマンガンが確定している場合はダマ優位。」
→この牌姿はハネマンが確定していますね。まぁ、問題はないですがw

P. 65 牌3 「子に対してリーチして、それでも2600の追いかけは、オリた場合の局収支も考えるとリーチしてよい。」
→言いたいことは伝わるのですが、少々わかりにくく感じました。

P. 66~67 本文 「危険牌を切っての追いかけリーチの局収支が五分五分になるのは2600点」
→P. 65の牌1には「危険牌を切って五分五分になるのはリーチして5200点から。」とありますが、この2600点というのはリーチ前という意味でしょうか?

P. 67 本文 「牌1~6はみな5200未満の」
→牌1はリーチすると5200点になりますが、5200未満というのはやはりリーチ前の話でしょうか?

P. 129 本文(赤字の見出し) 「後々付も考える」
→ここだけ送り仮名の「け」が抜けています。

P. 144~145 本文(後ろから4行目) 「ただし、リーチの直前に切られたスジや・・・リーチ後に切られたスジよりも危険になります。」
→この次の行の表記と揃えて、「リーチの直前に切られた牌のスジ」「リーチ後に切られた牌のスジ」とした方が良いように思います。

P. 155 本文(後ろから5行目)「リーチ者の現物やスジ待ちだったり、上家がリーチ者の場合は鳴けるので、さらに押し有利になります。」
→「リーチ者の現物やスジ待ちだと鳴ける(?)」というようにも読めてしまうので、「リーチ者の現物やスジ待ちの場合、もしくは上家がリーチ者で鳴きやすい場合はさらに押し有利になります。」などとした方が良いかと思います。

11. Re:無題

>ケリスさん

いつもありがとうございます。すごい助かります。
現在仕事中(新福地本)が片付きましたらチェックさせて頂きますm(__)m

12. Re:無題

>ケリスさん
 
バタバタしていて遅くなりましたが、ようやく全部チェック出来ました。
これから関係者全員で相談しますが、とりあえず私的には全採用でw
第2版で修正させて頂きます。
誠にありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日増刷(3000部)決定!
9月28日第3刷(2000部)決定!
12月2日 4刷(2000部)累計12000部に!
12月13日より電子書籍版の発売が開始されました!スマホでも読めます!
あおい・あかね

検索&リンク