記事一覧

【続ネマタ本】 誤植のお詫び (第2版修正箇所一覧)


もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編
著者: ネマタ  編集: 福地 誠 
 
 
続ネマタ本・第2版修正箇所一覧
  
P39 印字洩れ 問17 赤5萬の上に「赤」の文字がない
P46 誤植 用語解説・ギャルゲの説明 シュミレーション → シミュレーション  
P56 誤植 良形高打点と愚形低打点では、 → 良形低打点と愚形高打点では、
P59 印字洩れ 問22 赤5萬の上に「赤」の文字がない
P102 誤植 問54 鳴くと点数は1000点にほぼ決まり → 鳴くと点数は2000点(ダブ南)にほぼ決まり (第2版からは、解説はそのままに、牌姿を南から発に変更)
 
第3版以降の修正分は、下記のレビュー記事内にて更新していきます。  
 → 【レビュー】 もっと勝つための現代麻雀技術論実戦編  (ネマタ・著, 福地 誠・編)  

 
 
致命傷のものないので、読むのにはほとんど問題ないとも言えますが、見た目が悪いですね↓(´・ω・`)
 

  
上の画像のものは、ピンズだけに赤牌の上に「赤」の文字が入っていて、マンズには入っていません。
これ私が最初に原稿を見た時点では、マンズピンズ両方入ってなくて、それに対し「赤の文字が入っていません」と指摘したのですが、ピンズだけ修正されてマンズはそのままになっていたのですね。
そして私も確認時にピンズだけ見て、「よしよし修正されてるな」と思ってしまったみたいです。
 
今後は、修正した箇所こそ気を付けて見直す、「マンズとピンズに」という風に細かく指摘、この2点で対応したいと思いますm(__)m
 
たくさん誤植を出してしまい申し訳ありませんでした。m(__)m
 
福地先生からは、「 校正を丸投げできるウザクさんの存在にはホント助かった。 」との言葉まで頂けましたが、こちらとしては申し訳ない気持ちでいっぱいです(´・ω・`)
 
また、「初版は様子見のつもりでしたが、「ウザクさんが校正をする」ってアナウンスが予めあったので予約しました。」って方が何人かいらっしゃいまして・・・
期待に応えられず申し訳ありません。 なんとお詫びしてよいか・・・m(__)m
 
精進いたしますので、切腹だけはお許しを・・・(´・ω・`)
 
  
 
アマゾンでは現在売れ切れ状態なので、アマゾンで注文すると第2版が届く可能性が高いかと思われます。
 
「森山と並んで切腹すれば良いんじゃね?」って人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 

>ネコミミメイドさんを連れてきて
>「ゆるしてにゃん♪」と言わせたら
>許します    (コメント欄より)
   
ゆるしてにゃん♪ 
 
   

■関連記事
 
続ネマタ本(もっと勝つための現代麻雀技術論実戦編)の校正を手伝いました  
【レビュー】 もっと勝つための現代麻雀技術論実戦編  (ネマタ・著, 福地 誠・編)  
【麻雀本】ネマタ本雑感 (福地誠blog) 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

良形低打点以外ほぼ影響なさすぎわらた'`,、('∀`) '`,、
そんな所まで反省していただくと逆に信頼できますわー。

2. 無題

ネコミミメイドさんを連れてきて
「ゆるしてにゃん♪」と言わせたら
許します

3. 無題

すばらし充実した内容です!ホントに読みやすい!良書の中の良書です!一人だけの意見でなくいろいろな強豪雀士の意見も読めてとても参考になりました。ちなみに17年前僕が初めて買った麻雀戦術本はミスター老害の、麻雀最強の打ち方です笑 当時ピュアだった僕はプロ雀士はスゲーな、こんな手牌からイッツーやジュンチャン三色、メンタンピン三色!?とにかくこれが本当に強くなる打ち方だと真剣に思ってました、今の時代なら完全なる詐欺本ですよ笑
今から麻雀始める人や初心者の方たちはすばらし福地先生、ネマタさんの良書がすぐに読めて幸せだと思います。管理人さんぜひ今後もわれわれにすばらしい麻雀戦術本の校正また読みやすい本になるようによろしくお願いいたします。楽しみにしてます(^-^)/ 絶対2版も買いますからね。ちなみに切腹は森山だけでいいですから笑、僕が解釈しますよ(≧∇≦)

4. Re:無題

>へむへむさん
ありがとうございます!
そう言ってもらえると助かりますm(__)m
 
 
>だごんさん
記事内にネコミミメイド連れてきましたm(__)m
 

>刑部さん
ありがとうございます!
福地先生の次回作もおそらく関わることになるかと思いますので、がんばりますm(__)m

5. 無題

帯目当てもあり初版を購入しました。とても読み易かったです。言い回し、文調(トーン)等が一貫しており、麻婆豆腐のようにツルッと脳に入って来ました。理解には時間を要するが、言いたい事は今分かる、という感覚です。これは校正力が影響していると思います。

今後、ウザクさんが校正される福地先生の作品に関しては、是非アナウンスお願いします。初版からゼンツします(照

6. 誤植ではないですが

問題56の対面の捨て牌について

もし5sが手出しなら7s→5sの捨て牌になるので5sツモ切りと比べて安全度に差が出ますよね
(5778sや5799sから先に7s切ることはほとんどないので9sはあたりにくいはず)
上家に当たる可能性は変わらないのでツモ切りか手出しの違い程度では判断が変わらないのかもしれませんが、問題解いていて不親切だと思ったのでツモ切りの場所を示すなどの対応をしてほしいと思いました

7. 無題

あと、56番ツモの1000-2000で対面が0点になるわけですがこれがトビ終了かどうかが読んでいる側にはわからない(天鳳では0点は続行なのでとばないと思った人も多いはず)ので1本場にしたほうがいいと思います

8. Re:誤植ではないですが

>虎柄さん

ありがとうございます!嬉しいです!
また校正することがあれば、アナウンス致しますね(*´ω`*)
  
 
> さん
 
手出しツモ切りをどの程度表示するかってことでは、ふだんそこまで見てる人には不十分な情報になってしまいますけど、見てる人はかなり少数と思い、最小限の表示にとどめてます。(福地先生談)

元々が天鳳ルール想定だった故の回答です。検討した時も収支戦だと微妙ではという意見もありました。(ネマタさん談)

ご意見ありがとうございます。
福地先生とネマタさんに確認したところ、問56はそのままいくことになりました。
確かに微妙な問題ではありますよね?
ちなみに私はどちらにしろ9s切りなのですが(´・ω・`)

ゼロ点になる可能性については今後の課題ですね。次回作があればその点も気を付けて見たいと思います。

9. Re:Re:無題

>G・ウザク(管理人)さん
許しましょう(恍惚の表情)

10. 誤植について

P42下段Q20の4行目に雀頭固定の⑥切りとありますが、正しくは雀頭固定の④⑤落としではないでしょか。

11. Re:誤植について

>だごんさん
 
よかったにゃん♪
 
 
>ななしさん

この記事は、新しい更新をすると埋もれてしまうので、第3版以降の修正分は、レビューの方の記事にまとめてあります。
ご指摘ありがとうございます。その分も第3版で修正予定です。

http://ameblo.jp/mj-book/entry-11946364993.html

12. 無題

誤植ではないのですが内容面で押し引き判断が
ネマタ本と続ネマタ本でかなり変わりましたが
(テンパイとシャンテンで押せるかどうか天地の差)
これはネマタさんの研究で結論が変わったということでよろしいのでしょうか?

13. Re:無題

>全角さん

そういう面もあるかとは思いますが、
ネマタさんではないので、私からはなんとも・・・^^;;;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

G・ウザク

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日増刷(3000部)決定!
9月28日第3刷(2000部)決定!
12月2日 4刷(2000部)決定!
12月13日より電子書籍版の発売が開始されました!スマホでも読めます!
5月2日 5刷(2500部)累計14500部に!
あおい・あかね

検索&リンク