記事一覧

【確率】 ネット麻雀はなぜ一発が多いのか? (ザオラルはなぜ失敗するのか?)

ザオラルはなぜ失敗するのか?

ザオラルはなぜ失敗するのか?

ザオラルはなぜ失敗するのか?
 (※クリックで拡大) 
 
 
こんな楽しい確率の知識が詰まった『 [図解]確率がわかる本 』、オススメですよ(*´ω`*) 
 
 
[図解]確率がわかる本  山本 誠志 (著)
  
 
これを使って「なぜネット麻雀はリーチ一発が多いのか?」という記事を書こうと思っていたのですが、これ以上の解説って必要ありますかね? 逆にこれ以上の解説を加えようとすると、1記事では難しい・・・なんて思ってしまったら、めんどくさくなりました(´・ω・`)
・・・というわけで、簡単に・・・^^;;
 
 
「ネット麻雀はなぜ一発が多いのか?」
 
「ネット麻雀は一発率高すぎ!」「牌操作だ!」 こんな話をよく聞きますが、ホントでしょうか?
ザオラルの例にもあるように、多くの場合は「気のせい」です。
 
悪い体験ほど記憶に残る 
●「一発役の発生率」を「一発役の成功率」と勘違い
  (発生率は、アガリ全体の中に、その役がどれだけ含まれているかを出した数字) 
●ルールの違い(祝儀アリ・ナシ)による「一発時の対応」の違い(「一発消し」等) 
●対戦者レベルの違い (低レベルの場ほど「一発役の発生率」が高い) 
確率的に低い事項は、体感的に実際の確率より高く感じるられることはあっても、低く感じられることは少ない 
   
そんなこんなで「ネット麻雀はリーチ一発が多い」と感じるのは、「ある意味 当たり前」とも言えるのですね。 
 
まあ、「ツモられてはいけない時ほど、ツモられる」「直撃されてはいけない時ほど、当たり牌を掴む」「ラスれない時ほど、ラスる」と思っておくと精神的に楽ですね(*´ω`*)
 
確率・統計本のオススメ本を紹介して締めたいと思います。 全て、初心者向けの入門本です。
 
 
■オススメ 確率・統計 入門書

    


「それでも牌操作はある」って人はクリック連打  麻雀ブログランキング
 
 
 
■関連記事  
コンピュータでちゃんとした乱数作成は難しいの?
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

自分の打ってるネット麻雀も以前はリーチ一発がマジで超多かったです
その理由はやはりゲームの進行を早めて何回も麻雀打ってもらい麻雀サイトが儲かりたい為です
でもそれが掲示板で話題になり、慌てた運営側はその後すぐヤラセ麻雀を辞め正常に戻りました

2. 無題

一発役の発生率を出すのは正直無意味だと思うんですよね。
ウザクさんの書いているように、母集団が「上がり全体」なので、
鳴き上がりもダマ上がりも含まれていますよね。
実際には、リーチをかけて一発でツモれた率とか、細分化したデータが重宝すると思います。

ところで、↑の「あ」さん、そのネット麻雀名って教えてもらえませんか?

3. 無題

雀ナビというサイトです、
リーチの後にすぐ追っかけリーチが頻繁に起こり追っかけリーチをした人やリーチした人が一発で放縦というのが頻繁に増えそれが長い期間に渡りました
さすがに変過ぎるので愚形のテンパイ後だけは一巡だけリーチをやり過ごし、すぐに追っかけ来たら降りる作戦に切り替え、二順後はリーチ来なかったらそのまま愚形リーチで急激に目茶苦茶平均順位が上がりました
良形のテンパイは一発形式的でも確率的に振込む確率が低いんですよ
振込み率が13%から8%に下がり平均順位も2.3 位から急激に2.1位に急上昇しました

4. 無題

ザオラルで生き返らずに全滅しても5割の試行をしていることには変わりないので5割を下回るというのは間違いなのでは?

5. Re:無題

>あさん

丁寧に教えてくださってありがとうございます。

6. 無題

それもどうせ短期的な検証でしょう・・・
まったく意味がない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク