記事一覧

統計との距離   『福地誠blog  【麻雀】一般人と統計との距離』を読んで・・・

 
福地誠blog  【麻雀】一般人と統計との距離 の記事を読みました。
 
  
これを観ると、(梶やんが一般レベルなのかわからんけど)すげー基本的なことから説明する必要があるってよくわかる。

 
上の福地先生の意見が気になったので、配信を観てみました・・・
フムフムなるほど・・・(´・ω・`)
 
配信で気になった点を挙げると・・・
  
●天鳳ならではの結論なのか? ← 一般人の感覚では天鳳は別ゲーム
●データの使い方で悩む ← これは著者がある程度、提示すべきなのか?
●「この情報知って得か?」 ← 福地先生は「得」と思って出してるはず
●福地先生と結論が違う ← 苦笑(´・ω・`)
 
こんな感じでした・・・でもまあ「普通の人はこんな印象を受けるのかなぁ?」といった感じ。
 
おそらく、一般人は、み~にんさんや福地先生が考えているより、もっともっと数字に弱い。
 
「偏差値ってあったな、あれってどうやって計算してるの?」
「結婚するなら、年収1000万以上の人じゃないと嫌よ」
「ネット麻雀 一発多すぎだろ! ワロスww」
 
一般人は、こんな感じだと思います。 基礎の基礎からお願いします(´・ω・`)
 

実は本題はここから・・・オススメ統計本の紹介です・・・(*´ω`*)


 
マンガでわかる統計学  高橋 信   (著),    トレンドプロ (著)  
 
「マンガでわかる」を謳った本っていっぱいありますが、ほとんどは漫画ではなくイラストが入れてあるだけのインチキうんこ本です。
これはきちんとコマ割りしてあるちゃんとした漫画で楽しく学べます。
高校生のルイちゃんが、オタクの山本さんに統計学を教わる内容ですが、萌本とは違いますよ(たぶん)
 

 
図解 ツキの法則  谷岡 一郎   (著)
 
確率本や統計本を何冊も執筆している谷岡一郎の本。
数ある谷岡一郎の本の中でも、おそらく一番解りやすい。
ギャンブルを題材にした確率・統計本なので、ギャンブラー必読の本ですね(*´ω`*)


「それ一般人じゃねぇよ」と思った人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

 私としては、ウザクさん本人のもう少し細かい感想が訊きたいような(笑)。

2. 無題

ちまたの牌操作論者の頭の悪さを見れば人間は本能的に統計に弱いってのがよく分かりますよね・・・

うんざり

3. 無題

ネット麻雀がリーチ一発が多いのは、ゲーム展開を早めて沢山ゲームしてもらい儲けるためだ
全く迷惑な話しだリーチ一発ばかりだと降りる降りないとかの駆け引きが出来ない
こんな麻雀サイトは早くとっとと潰れてほしい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』

検索&リンク