記事一覧

【レビュー】 戦術で勝つ麻雀 勝率アップの秘策50 (麻将連合 監修)

戦術で勝つ麻雀 勝率アップの秘策50

戦術で勝つ麻雀 勝率アップの秘策50

監修: 麻将連合 

単行本(A5判): 128ページ
出版社: メイツ出版
発売日: 2014年6月20日
価格: 1,404円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 
読むだけで「戦略思考」が身に付き、勝率がぐんとアップ!ネット麻雀にも対応した、麻雀で勝ちたい人必見の1冊です。
 
 
■目次

PART1 勝つための戦術

PART2 受け入れ枚数と手役狙い

PART3 リーチを活用する

PART4 食い仕掛けを極める

PART5 ダマテンで勝率を上げる

PART6 オリの瞬間を見極める

付章 麻将連合(μ)とは
 
 
   

購入はこちら → amazon.co.jp
 

 
 
■ 管理人の感想

 

編集・構成が悪く、読みづらくわかりづらい。 戦術部分のブレも気になります。 
正直、オススメする要素がありません(´・ω・`)
 
 
※ここまで読んで買わないと決めた方は、これ以降 読む必要ありません・・・・  
 


戦術で勝つ麻雀 勝率アップの秘策50
(※クリックで拡大) 
 
 

●編集・構成の悪さ・・・
 
見開き2ページで1セット。 1ページに2列の横書き仕様、POINTと呼ばれる主に牌姿を入れたものが3つ。

ほとんどのページが、このテンプレート(雛形)で作成されている。 
このテンプレートへの拘(こだ)わりが原因と思われるが、とにかく読みづらい・・・その主な理由は、3つ・・・
  
その1 ・・・ 1ページ2列構成で狭い、これにより14枚の牌姿が1行で収まらない。
 
その2 ・・・ POINTの位置は、ほぼ全部のページが同じ位置に固定されており、文章の流れと合っていない。 目があちこちに動くことになり、読んでいて疲れる。
 
その3 ・・・ POINTの見出しと『POINTのまとめ』で書かれているのが全て同じ文章。 そもそもまとめっぽくなっていない文が多い。
 
  
●戦術部分のブレ・・・
 
メイン執筆者は、井出洋介、三原孝博、須藤浩の3人。
おそらく章で分担をしていると思われるが、章によって戦術が違いすぎる・・・
これでは初心者は困ってしまうだろう(´・ω・`)
 
一番大きな違いは、ダマテンかリーチかの判断基準ですね。

第3章(PART3)はリーチを最大限に活かした現代的な攻撃麻雀、第5章はダマテン多用の守備麻雀、考え方が違いすぎます(´・ω・`)

 

解説の順番もおかしい・・・

18分の1理論 』を使った押し引きの後に、スジの解説をされてもなぁ・・・(´・ω・`)
 
 
 
構成や戦術のブレで不自然さこそあるものの、間違ったことが書かれているわけではないので、中級者が確認用に読む分には問題ないかと思われます。
ただ、初~中級者向けの本が沢山出ている中で、わざわざこの読み辛い本を買う理由が見当たりません(´・ω・`)
 
メイツ出版というと、麻雀本を出すのは今回がまだ3冊目。

2012年発売の ウンコ本 と比べれば多少マシになりましたが、良書と言われるものが出せるまでは、もう少し時間が掛かりそうですね・・・

 

 

 

初級~中級者向き

赤対応: 無し
 
総合評価 50点 

   
  

購入はこちら → amazon.co.jp  

 

  
「ウンコ本呼ばわりはやりすぎ」と思った人はクリック  麻雀ブログランキング
 
 
 
   

■誤植とツッコミ (※特に読む必要はありません) 
 

・P14 初心者から中級者向けのはずだが、ツモ切り・手出しを見ろ・・・なかなかハードルが高いな(´・ω・`)

P22 受け入れ枚数の違いについては、それぞれ確認しておいて下さい → 不親切だな(´・ω・`)

P29右上 によって、が身についていく → ”が”が余分。

P62・63 ポンして何を切るかが書かれていない。

P113 POINTにドラを入れないとわかりづらい。
 
     

■関連リンク 

 

【レビュー】 トッププロが教える!麻雀最強の戦術55 (監修:村上 淳)  

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク