記事一覧

【レビュー】 麻雀 捨て牌読みの極意 (ベスト麻雀文庫)  日本プロ麻雀連盟・著

山読みを制する者は麻雀を制す

麻雀 捨て牌読みの極意
著者: 日本プロ麻雀連盟
文庫: 320ページ
出版社: KKベストセラーズ
発売日: 2013年10月19日
価格: 980円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 

守りのバイブル、ついに登場! 中級者以上のレベルアップには必須の一冊!
“捨て牌読み”の基本から応用までを徹底して伝授し、さらに実際の対局に近い形の“想定問題”も用意。

 
ただセオリーを文字で羅列するだけでは頭で覚えられても体に染みつかないので、本書では実戦形式をとっている。相手の捨て牌と自分の手牌があり、そこから何を切るかを考えることによって、読者にバーチャル的に麻雀に参加してもらうのである。
上級者やプロになると、待ちをギリギリまで絞り込んでフトコロに踏み込んで斬るという戦い方もある。そういった超一流の読みをしてみたいという気持ちはわかるが、まずは目の前の勝負に勝てるよう、地道な訓練を楽しみながらやっていただきたい。
本書を読み終えた頃には、きっと卓上における視界が以前よりも開け、クリアになっていることであろう。


  

 

購入はこちら → amazon.co.jp

 
 
 
■ 管理人の感想

 

全て何切る問題形式となっています。

出題の形は、第1章から第6章までは、自分の手牌と対戦相手一人分の捨て牌からなる平面形式。

自分の手牌と相手の捨て牌とで相談しながら、オリ、回し打ち、はたまた全ツッパリ等考え、打牌選択します。

 

自分の手牌と相手一人の捨て牌のみという、シンプルな作りが良いですね(*´ω`*)

ポイントが絞られることで、かなり理解しやすい形になっていると思います。

 

麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-麻雀 捨て牌読みの極意

 

じっくり練りこまれた良問揃い。 解説も詳しくて良い出来です。

なお、解説ページは、問題裏の1ページだけのものから、数ページに渡るものまで様々。

 

順番に問題を解いていけば、読みの基本がマスター出来る作りに仕上がっています。

比較的高度な解説も混じっているため、初心者がゼロから学ぶというよりは、中級者以上が練習や復習として使うのに適しているかと思われます。

 

 

第7章は、ロン2の牌譜ビューア(立体図)を使った実戦編。

正解の提示はなく、何人もの連盟プロの見解を集計した形になっています。

多くのプロの打牌理由が掲載してあるので、好きな人も多いでしょうね(*´ω`*)

 

ただし、かなり意見が別れる問題ばかり・・・ 

出題側はその方が面白いと思っているのでしょうが、読者側としてはスッキリしない部分も・・・(´・ω・`)

正解のない問題は、読みの基本をマスターするという本書のテーマに合っていない気もします。

 

また、集計結果こそあるものの、誰が何を選択したか、全て掲載されていないのは残念。

ページの都合上、ある度の選定は仕方ないと思うが、読む側としては誰と解答が同じになったかがまず気になるところ・・・正解の無い問題ばかりなので、なおさらですね。

個人的には、荒正義プロが何を切ったかだけは全て載せて欲しかった(´・ω・`)

 

 

コラムは、山井弘、前原雄大、瀬戸熊直樹、こごまさとし、福光聖雄、西川淳、森山茂和の7人のプロが書いているが、ほとんどは日本プロ麻雀連盟のHPで公開中の プロ雀士コラム のものですね。

これも、読みの基本をマスターするという本書のテーマに合っていない上に、面白くないものも多いので、いらないです(´・ω・`)

 

 

不満点も多いですが、本の3分の2占める平面何切るが秀逸!

中級者以上なら、手に取って損のない一冊ですね(*´ω`*)

 
 

中~上級者向き
赤対応: 無し  
 

総合評価 76点

  

 

購入はこちら → amazon.co.jp

  

   
参考になったと思った人はクリック  麻雀ブログランキング  
 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』

検索&リンク