記事一覧

【レビュー】 山読みを制する者は麻雀を制す (日本プロ麻雀連盟BOOKS) 滝沢和典・著

山読みを制する者は麻雀を制す

山読みを制する者は麻雀を制す(日本プロ麻雀連盟BOOKS)
著者: 滝沢和典
単行本: 224ページ
出版社: 毎日コミュニケーションズ
発売日: 2013年10月12日
価格: 1,470円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 

「読めるならば攻撃に生かせる読みをということなのだろうか、15年ぐらい前から「山読み」というものが流行り始めた。
つまり、捨て牌相から相手の手を読むのではなく、山を読むのである。あるいは、相手の手と山の両方を読み、アガりやすい牌を探そうというわけである。本書はその「山読み」をメインテーマにした戦術論である」(まえがきより)

いくら牌効率をマスターして待ちの広いテンパイを取ったとしても、そのアガリ牌が山になければ一生ツモアガることはできない。
そこで、もし山にある牌が分かるとしたらどうだろうか?もし完全に分かれば無敵、卓上を支配することができるだろう。
 
早いアガリを重視する現代麻雀において「山読み」は最重要項目だといわれる。
 
本書は日本プロ麻雀連盟きっての「読みのスペシャリスト」滝沢和典プロが山読みと真剣に向き合い、山読みをどうやって行い、どのように使うかを徹底的に考え抜いた書籍となっている。

本書の内容をすべてマスターして実戦に臨めば卓上の支配者に一歩近づけるはずです。
 

【著者略歴】滝沢和典(たきざわ かずのり)
日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士。(現在、同団体内での段位は六段)。
未来戦士21杯でTV対局に初登場、センス抜群の麻雀で一躍脚光を浴びる。
その後順調に活躍を続け、タイトルも獲得。
現在MONDO21ではプレーヤーとしても解説者としても出演しており、冷静な打牌、論理的な解説には定評がある。


■主な獲得タイトル
王位 2期(第32・33期)
MONDO21王座決定戦(第2回)
第13回 ロン2チャレンジカップ 優勝
第4回 野口恭一郎賞棋士部門
第1回 麻雀フォーラム21 優勝
第1回 麻雀トライアスロン・雀豪決定戦 優勝

 

 

■目次
◆第一章 山読みの基本
不要牌を狙う
序盤の捨て牌に注目
場に安い色はツモれる
一色手の裏を獲る
手順より山読み
山読みより手順
守備時は逆
リーチとヤミテン
かたまりを読む
捨てられたスジの内側は0.5枚
様子を見てから色に走る

コラム01 ワースト10
コラム02 牌譜検証のススメ

◆第二章 モンド杯優勝への道 予選
一手前に気づく力
わずかな差の積み重ね
暗刻は危険の幻想
第1打の配慮
方向転換
ツモと争わない
終盤は情報の宝庫
敵の読み
山を読みメンツ構成を整える
山に濃い待ちを待つ
絶好テンパイは何度でも
山にある字牌

コラム03 デジタルとアナログ

◆第三章 モンド杯優勝への道 決勝1回戦
立ち上がりに注意
後手を想定
安ければ良いとは限らない
山読みフリテンリーチ
七対子で生きる山読みの極意
ドラ付近は読みづらい
山読みと手順

コラム04 受身がとれるか

◆第四章 モンド杯優勝への道 決勝2回戦
ション牌待ちの不安
手牌について考える
敵のスピードを読む
役牌ポンのタイミング
山山にある字牌を読む
同条件なら外を選ぶ
山読み愚形リーチ

コラム05 将棋

◆インタビュー
魂のなき

◆観戦記
第33期王位戦

  

 

購入はこちら → amazon.co.jp

 
 
 
■ 管理人の感想

 

初の山読みをメインテーマに据えた戦術書・・・

だが、第1章(山読みの基本)こそ山読みの解説オンリーだが、第2章以降は滝沢プロが優勝した第13回モンド杯の解説を中心に構成してあるため、山読みとは関係ない部分も多い。 ちなみに、このモンド杯は赤無し。

 

かなり期待した一冊だったのですが、残念ながらこの本にはたいしたことは書いてありませんでした。

少なくとも、『山読み』という技術の記述だけで言えば、あまりにお粗末な出来(´・ω・`)

特に最新の戦術コラム(例えば 渋川難波プロ の戦術等)を読んでいる人には、稚拙な読みに映る可能性も高いかと思われます。

 

 
麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-山読みを制する者は麻雀を制す
 

 
基本的に科学的根拠はありません。

あくまで、経験則のみで書かれたものと思った方が良い。

 

確率やデータというのは、しょせんはこのようなものである。 (P49)

私はどちらかというとアナログ派なのだが、それは牌効率や数値的な読みが苦手だからではない。むしろ得意な方だと思うが、デジタルだけでは成長がないと思っているからである。 (P116)

 

本人は『どちらかというとアナログ派』などという言い方をしているが、滝沢プロは間違いなくアナログ派である。

デジタルにも理解があるようなことを書いているのだが、管理人の目には確率やデータを軽視しているようにしか映らなかった(´・ω・`)

しかも、滝沢プロ本人は数値的な読みが得意と言っているが、簡単な確率やデータすら正しく使えていない・・・どう見ても数字に弱いぞ(-公- )

  

 参考 → 【間違い探し】 山読みを制する者は麻雀を制す (滝沢和典・著) より

 

 

誤植がひどい・・・本の構成も悪い(´・ω・`)
 

山読みの本なので、当然立体図を元に解説がされるのだが、この立体図が誤植だらけで解説と対にならない。

しかも全体牌譜が無いので、読みが正しいか確認出来ないどころか、誤植すら直せません。

立体図を使った山読みの本なのに、全体牌譜が無いのは痛いですね。

  

つまらないおまけも付いています。 最後の第33期王位戦(2007年)の観戦記・・・何これ?(´・ω・`)

こんな何年も前の観戦記持ってきてどうするの?(´・ω・`)

 

 

なんとも期待ハズレの一冊でした(´・ω・`)

これだけ誤植だらけだと読む気も失せます(´・ω・`)



中級者向き
赤対応: 無し  
 

総合評価 56点(誤植が訂正されるであろう第2版からは、もう少し点数を上げて下さい)

  

 

購入はこちら → amazon.co.jp

  

 

■誤植とツッコミ

P12・16行目 北が手出し → 立体図には北が一枚もないww 

P46からの項目 → メチャクチャ 詳しくは こちら  

P49・1行目 1筒が南枚 → 1筒が1枚  
P51・図A 北の捨て牌が2枚あるw   画像 → こちら 

P60 牌符検証のススメ → 誤字 牌譜

P61・図A 南家が2人いるww

P62・図B ここにも南家が2人いるww

P66・6行目 1mは仕掛けていないが → 1p

P112~ 文章では白と東が2枚切れになっているが、立体図では白が2枚切れになっていない

P125 シャボにする選択肢には触れなくて良いのか?(´・ω・`)

P149 立体図が既に8sが切られた状態になっているにで、後の文章が全てゴミになっている(´・ω・`)

P167 立体図が足りない。本書の図Bは足りない図を開いたもので図B3になるはずと思われる。

P197 平面図の局面がおかしい。 オーラスの西家が正解

P208 リーチの牌が横に曲がっていない。もう一牌あるのかも?

   
参考になったと思った人はクリック  麻雀ブログランキング  
 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

お、これは楽しみです 山読みは渋川あたりが出すと想っていたのですが レビュー楽しみにしております
 あと、Gウザクさんにお願いなのですがどうしてもウザクさんの仕掛けでわからないのがあったので天鳳の牌譜と共に解説していただけないでしょうか?
具体的に言うと今日の牌譜でオタ風南ポンから入って最後6sでダマに刺さってしまった部分です
クリックミスでしょうか?
供託一本の場面での69pツモはお見事でした

2. Re:無題

>観戦者さんへ

>オタ風南ポンから入って最後6sでダマに刺さってしまった部分です
 
はい、完全に間違えてましたと思います(´・ω・`)
しかも南場か南家どちらと間違えたかも覚えていません(´・ω・`)
もしかしたら、東を鳴いたつもりだったのかもしれません。
ブラフでもなんでもありません。
しかもここで指摘されるまで、ずーと役アリだと思っていました。

ここのとこずーとおかしいのです。
不調不調と思っていたのですが、ネジが2,3本外れているようです。
もう引退ですね(´・ω・`)

3. 無題

山読みすると10月7日の記事をこの記事に編集した感じになってますね。

4. 無題

渋川本sの方が全然プラスになる(というか、この本と比較すること自体が渋川に失礼)。あとは、コラムについて書くと滝沢自身は今はやりのアナログ/デジタル論争について中立の立場を取ると書いているが、近年のタイトル戦決勝での滝沢の観戦記を読む限り、デジタルを否定する立場(K島やM山、M原あたりと変わらん)にあるよう思う。さらにいうと、デジタル/アナログについて「いずれも忌み嫌う必要はない」と述べているが、すでに連盟上層部がデジタルを毛嫌いしている時点でこの言葉は意味を成さなくなっているよう思う。

5. 無題

梶やんや古久根にこの手の本は書いてほしかったなぁ。滝沢なら誤植だらけでも名前だけで売れそうだけど

6. おじゃまします(*^^)v

急に書き込んでごめんね。個人的に興味を覚える記事でした。また来ます!では、さようなら~(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク