記事一覧

【レビュー】 麻雀 勝ち組の選択 (福地 誠・著)

麻雀 勝ち組の選択

麻雀・勝ち組の選択
著者: 福地 誠
単行本: 258ページ
出版社: 竹書房
発売日: 2012年8月22日
価格: 600円(税込)

 
 
■ 内容紹介
 

勝ってる人はこう打っている!
ネット雀士・セット雀士・フリー雀士…すべての麻雀打ちに贈る「本当に勝てる」テクニック!
・好形シャンテンより悪形テンパイが強いの法則
・テンパイ崩しの鬼オリ必勝法
・安全牌ゼロで凌ぐための方法
 

などなど!

 

  

購入はこちら → amazon.co.jp

 
 
■ 管理人の感想

  
2009年に発売された『 ネット麻雀・ロジカル戦術入門 』のリメイク本。 

 

面白くてタメになる、そして最新の戦術を備えた超優良本です。 急いで購入しましょう! 

  

麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-696

迷ってる人は、この問題に挑戦! 正解出来ない人は即買いで(*´ω`*) 

この問題は『麻雀 勝ち組の選択』よりお借りしました。 解答はこの記事の最下段に)

  
 

中・上級者向き
赤対応: 有り  
 

総合評価 97点 (ネット麻雀・ロジカル戦術入門 』のレビューでつけた点数をそのまま採用しました。)

 

  

購入はこちら → amazon.co.jp

   

 
 

以下は、リメイクに関して もろもろの感想・・・ 

 
 

リメイクに当たっての変更点・・・
 

・問題 1問追加、3問削除。

・解答・解説が一部変更された。

・全部の解説にデータを追加。

・理解度がチェックできる何切るを追加。

・『読まなくてもいい 雀ゴロ日記』を追加。

・霧島いつみさんの漫画削除。

・『強者3人の回答』削除。


詳しくは著者ブログを参照のこと → 【麻雀】新刊の特徴 (福地誠blog)  

 
 

この中で一番大きな変更点は、『強者3人の回答』が無くなったことだろう・・・

この強者3人が、古久根英孝プロ 、小倉孝プロ 、ネット強豪・茶柱立樹 という豪華メンツだっただけに残念。
ネット上でもこれについては賛否両論のようだ・・・
だが、今回の本は著者の福地先生自身が、強者3人の回答やネット上の意見を見たり聞いたりした上で、改めて書き直している点を忘れてはいけない。
実際、解説の中で、ひとつの解答を出しながらも、「こういう考え方や、こういった打ち方もある」といった別解答にも触れている部分も多い。
これにより、強者3人の回答を直接見ることこそ出来ないが、解説としては一貫性のあるモノに仕上がっている。(一部、微妙なものもありますが…^^ゞ)
初心者にはおそらく、今回の構成の方が良いのではないだろうか?
 
 
そして全部の解説に追加されてデータ・・・
これに関しては本人も認めているが、的外れなモノも多い(´・ω・`)
だが、中には"ぐうの音も出ない"ような、すばらしいデータも存在する。
特に『安全牌ゼロの凌ぎ』の項目の「リーチにアンコ牌を切るのはどれくらい危険か」のデータは秀逸!
ちなみに、このデータは麻雀ブログ・『 HAZの研究する人生 』にて紹介されたデータなので、実際にはHAZさんの手柄ではあるが・・・^^;;

 
 
霧島いつみさんの漫画が無くなったのは残念ですが、これは印税の面を考えれば当然の流れか?
替わりに何切るや『読まなくてもいい 雀ゴロ日記』が追加されていると思えば良いのかな?

 

リメイクに際し、質が上がった・落ちたは、『強者3人の回答』の捕らえ方次第でしょう。
管理人は、おまけ要素も含めれば、質は上がっているとの認識ですが、質が落ちたと言う人もいるでしょうね。
前著(ネット麻雀・ロジカル戦術入門)を持ってない人は即買いで間違いないですが、前著を持っている人は自己責任で・・・
個人的には今回の本は600円なので、前著を持っている人も買いで良いと思います(*´ω`*)
 

 

購入はこちら → amazon.co.jp

   
 

■誤植?
P135の表 誤植ではないかもしれないが、意味通じなくない? シャンポンなら牌を4枚で構成しないとダメでしょ?(´・ω・`) 

 
参考になったと思った人はクリック  麻雀ブログランキング  
 

  
 

■ twitterでの反応
  
勝ち組の選択少し読みましたが、何切るが少し増えてたのが良かったです、ロジカル持ってたけど買ってよかった( ´∀`)
 

今日は福地先生の新作を入手したい。リサイクル本でもついつい買わされるヌル読者。

 
こんだけ福地本求めてる人いるってことは、買って転売出来るんじゃ…

 
福地さんの本買って麻雀の部分はいいけどこの例え話のところいらんだろ、と思いながらみてるけど昔の自分のブログのテイストを思い出して僕は

 
福地新刊凄いww 今まで読んだ本の中で一番勉強になったww 

 
福地本すごいww めちゃ解りやすく論理的に書いてあるww 福地先生こんな論理的な説明出来る人だったのかww 天才すぎるww

 
福地センセの評価点ってフリーの成績公表してるとこだと思うんだ。凄いなと思う反面、馬鹿だなとも思うけど
  
福地にRTされてもフォロワー一人も増えなかったから福地本焼き捨てた

 
うぉぉ!福地本に登場してる!義捐金大会に出場する八段~九段エレベーターのイケメンブロガーとして。これはおいしい。

 
福地センセの本間違えちゃう。いや、間違えしかない。むしろ、間違えを暗記パンしたら、上手くなる希望しかない。 pic.twitter.com/pHOdTUyR

 
福地本、「愚形リーチを気にしないタイプは熟女好き」の記述が消えてる! 何故!

 
福地さんが成功したとして、そのあと優秀なコンテンツを提供できる人材が他にいるのか、逆に低コストだからと無名プロとかが出しまくった結果低品質のものが数だけ増えすぎてウザクさんが過労死しないかが審判です

 
福地本は相変わらず小手先の技術論ばかりで麻雀界の核心とも言うべき「腹の出てる奴は負け組」理論に触れようとしていない点が残念。言及できる立場になった今回こそはと期待したのに。

 
福地さんの『勝ち組の選択』を購入。目次に牌姿を載せているのがとても良い。こういう読者目線の気配りを出来る方が勝ち組なのでしょうね。

 
福地新刊に乗ってるデータってホント実用的だし分かりやすいしめちゃ勉強になる~。先生が凄いんじゃなくて北HAZさんが凄いんだと俺も思うけどw

 
実際は福地本2の何切るほぼ全部解答と一致してて文章ほとんど読んでない

 
福地本読んどるけど基本再確認用だこれー。いや嬉しいっすけど

 
福地本、ちょくちょくよく分からない例え挟んでくるなww

 
福地本の評価は今のところ良くも悪くもない。データが内容に合っていないものもあるため。

 
福地本買ってきた。なんか敬語で書かれててキモい。福地先生らしくない。誰なんだ?これ書いてる奴はww 読んでて面白くないw 凄く辛いw 現代麻雀の第一人者だからもっと説得力持たせて普通に語って欲しいww

 

あと福地本買った。ステマ臭くなるが、麻雀強くなりたい人は買ってみていいっすよ。「七対はリーチかけた方がダマより和了る確率が上がる」(相手の和了る確率が減ることによるプラスが、リーチを警戒されるマイナスより大きい)とか皆覚えてくとよい

 

福地本を買ったという久々のツイート、色々勉強になりました。ただ普段打つ身内麻雀が赤無なのが残念。

 

福地本、ずっとこれ読んでる。頭痛い。

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」 福地さんの前作が発売された時、にわかカンチャン即リー野郎が大量発生した。今回も同様のことが起こると予想される。孫子の兵法に乗っ取って買わないわけには行かなかったというのが正直な理由。また嵌められた。ドツカ~ン(;´Д`)

 

福地本まだ54ページしか読んでないけど、既に「ヤる」「セッ■ス」「エッチ」的な単語が五回くらい出てきてるんだけど

 

福地誠先生の麻雀本を買ってみた。ちょっと読んでみたら効率重視のセオリーが入ってて吸収していきたい内容だったが...無駄にエロさがねぇ

 

福地本、前回のアクセントは強豪3人のコメント、今回の売りであるデータは人が調べたものの寄せ集め。打ち手としては平凡でも、文章やコラボによってヒット作を飛ばせるという良い見本だよな。

 

福地本読みながら寝るとか言ってたのに面白くて寝られなくなった。

 

福地本、考えれば当然なんだけど意外と盲点になってた所がいくつか。書いちゃうと福地先生に怒られちゃうから書けないけど。

 

福地本で七対子の割合は2.55%って書いてあるけど、俺の場合七対子の割合は4.1%まで上昇してるので俺は6mでいいの。実際今日のフリーだって6半荘で七対子2回和了ってるし。

 

福地本買った!@ヤマダ電機 さすが取り扱っている店もデジタルすなぁ(*´ω`*)

 

福地本パラパラよんだ。満貫シャンテンてそんな弱いんかなあ

 
新刊読破しました!前回のコンビニ本より読みやすかったです。個人的に、あんまり両論併記は好感が持てないですね。『麻雀で飯食ってる人すら意見割れるなら俺らはてきとーでよくね』と思ってしまうので。今回のほうがそのへんシンプルで好感持てました。

   

福地先生の新作の本…ロジカル戦術入門と牌姿全部一緒なんじゃねえの(´・ω・`)!?

 
福地先生の本を読む→魔神と意見が違う→迷わず魔神の方を選ぶ


ブログ「ペチョーリンの天鳳日記」更新  いつまでも福地誠頼みでいいのか? 福地誠「麻雀 勝ち組の選択」  

 

福地本読んでて今のところ一番驚いた戦術は『「好きだよ」というよりも「やらせて」というほうがきく女性もいる』という内容

 
福地本で麻雀を女性交際に例えた表現が多々出てくるけど、読者にいない歴=年齢のやつもいることを覚えておけ。

 

福地本210ページの最後が一番共感した箇所かも。必死に仕事していた時期が一番金に困っていたというね。

 

福地本あった。何故か競輪競艇に。

  
やっぱ福地さんの本は勉強になるわ。

 
福地本、157ページの問題は考えさせられたな。前問のバックは昭和なオレも抵抗ないけどこの形は鳴きにくいな。467799m246p白發發、ドラ9mで3pが出る。これ鳴けるようになったらオレの麻雀も変わるかもしれんな。

 

ロジカル買って読んだのに、結局福地本買ってまた新鮮な気持ちで読んでる。これって頭に入ってないってことだよね?wでも、よく手が止まる牌姿多いからいいかも何より段位モチベがあがったw


福地本書いてあること常識的過ぎて全然参考にならねぇてむ

 
というわけで福地本読了。稀に見る良本でした。

 

福地本半分くらい読んだけど、どうしても「デートしよう」よりも「やらせて」って言ったほうが効果的だとか、ピンサロとキャバクラの違いとかそこが頭にこびりついてしまうw

 

福地本に出てくるメンツ手とチートイの分岐がテーマの牌姿は個人的には全くチートイを見ない。自分は基本的にかなりメンツ手に寄せた打ち方をするタイプ(´・_・`)

 

福地先生の麻雀本、中級クラスには最高。某連盟有名選手が書いた非論理的なクマクマタイムの作り方が記載された本とは天と地程の差があるwwというわけで買って良かった( ´ー`)<先生ありがとー!


ブログを更新しました。『 麻雀勝ち組の選択 』 福地誠は許さない

 
福地誠の『麻雀勝ち組の選択』はあんまり好きじゃないな。データを見るにはいいけどね。

 

あかんww 福地さんとまったく意見が噛み合わないwww 俺ヘボだったかああああああ

 

福地さんの本に書いてあることが必ずしもベストな考えではないとご本人も仰っているけど、多分現状では一番ベターな考えであると思う。十年後にはまた違う考えが主流になってるかもしれないけど、その時は考え方を変えればいいだけ。ま、あんまりあっさりと完璧な答えなんてわかったら面白くないよねw

 

せっかく福地本を購入したので、「ドヤ顔本のリメイクって言ってたよなぁ。買わなきゃよかったかなぁ。」と思いつつもパラパラめくってみると、意外と考えさせられる問題が多い。過去の自分の回答を記録しておけば、あの日からの成長なり変化が明確になったかもしれない。

  

福地本の影響で天鳳のメタゲームは変わってくるのか・・? ( -人-).。oO

  

福地さんの麻雀本は間違いなく勉強になる。でもみんながああいう打ち方する麻雀の世界はつまらない気がする。排除されている無駄とロマンこそが前世紀に麻雀が繁栄した理由だと思ったりする。

 

福地本って福地さんが中級者あたりに向けて上級者になるために書いた本に見せかけて、福地さんが心の底から「こいつら全員俺よりどうせ弱いからテキトーに書いてもいっか」って思いながら書かれた本だろ?

 

福地本で自分の回答が違うところを、自分が完全に間違ってるのか割とどちらでもいいような問題なのか確認したくて、同じ問題で「強者の回答」が乗っているというロジカル戦術入門が欲しくなってきた・・・はめられた・・・

 

麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-696 解答 : 8筒 

  

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

初めまして。 最近麻雀を初めてこのブログを読ませてもらってます!

この本についてわからない部分があるんですけど、この本では 鳴いてない時のことをピンフと呼んでるんでしょうか?(P33など)

2. Re:無題

>Cielさん
 
ピンフというのは役のひとつで、『鳴いてないこと』が前提になっている役です。
この本のP33は鳴きとメンゼン(鳴いてない状態)のスピードの話ですね。
 
この本は中級者以上向けで、初心者向けの記述は一切ありません。
難しいなと思ったら、初心者向けの本から読み始めた方が良いかもしれませんね(´・ω・`)

3. Re:Re:無題

>G・ウザク(管理人)さん

早速返信ありがとうございます!
初心者向けの本も読み ピンフはリャンメン待ち メンツはシュンツのみ メンゼン役ってのは把握してます!
この場合の手だと、鳴いてなければ上がったときにピンフがつく ということでそれを前提にピンフと書いてるということですか?

4. Re:Re:Re:無題

>Cielさん

違います。

P32に4つの例がありますが、このページの例では1索があるので鳴くとタンヤオにもならないので役がありませんね?
本ではこの例のような形を「ピンフ」と言っています。
本では「ピンフ」と書いてありますが、「ピンフ手」と呼ぶこともあります。
 
ちなみに、P31の例題の形は中があるので、メンゼン(鳴かない)でもピンフになりません。
逆に中があるので、鳴いてもアガれます。 

5. Re:Re:Re:Re:無題

>G・ウザク(管理人)さん

なるほど!
わかりました(^^)ありがとうございます!(^-^)/

6. 無題

初めまして。
この本の内容について1つ質問させていただければと思います。

P.135の並びシャンポン(5566)の項目に
「手変わり牌が2種類で、手変わりすると6枚待ち。手中にアンコがあるときは7枚待ち。」

とあります。
前半は例えば5567で58待ちとなり、自分で2枚使っているので6枚待ちになるという意味かと思いますが、後半がいまいち理解できませんでした。

アンコとは何のアンコのことを指すのでしょうか。また、5566がどう変化すると7枚待ちになるのでしょうか。

もしお時間ありましたら宜しくお願い致します。

7. Re:222m234678p5566s の形です

>カインさん
 
222m234678p5566s 
 
現在シャボ待ち
手変わり47sの2種類

7sツモ時に6s切りで、5-8s亜リャンメン6枚待ち(自分で2枚使っている)
同じく7sツモ時に2m切りで、4-7sリャンメン7枚待ち(自分で1枚使っている)
 
こうなりますね(*´ω`*)

8. 無題

なるほど!そういう意味でしたか!

素早いご回答ありがとうございました!

おかげでスッキリしました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

G・ウザク

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日増刷(3000部)決定!
9月28日第3刷(2000部)決定!
12月2日 4刷(2000部)決定!
12月13日より電子書籍版の発売が開始されました!スマホでも読めます!
5月2日 5刷(2500部)累計14500部に!
あおい・あかね

検索&リンク