記事一覧

【近代麻雀】 ムダヅモ無き改革に『フラットウッズ・モンスター』登場!

 

本日発売の『 近代麻雀 2012年 4/1号 』内の、『ムダヅモ無き改革~獅子の血族編~』に、
なんと『フラットウッズ・モンスター』が登場!

 

麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-フラットウッズ・モンスター

 

■ フラットウッズ・モンスター  ( 『 Wikipedia 』より)

フラットウッズ・モンスター(The Flatwoods Monster、別名ブラクストン郡のモンスター、10フィートモンスター、日本では「3メートルの宇宙人」の名で知られる)は1952年9月12日にウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町でUFOとともに目撃されたといわれる有名な「宇宙人」、あるいは未確認生物である。
フラットウッズ・モンスターは高さ10フィート(公式サイトによれば、12フィート(3.66m))という驚くべき高さの生物で、人間のものではない光る目をした、明るい赤い顔の、スペードのエースのような形状の頭で、明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げている、短い腕で(あるいは腕がなく)爪のような手を持ち、浮上して動くという。
 
 麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-フラットウッズ・モンスター  麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!-フラットウッズ・モンスター

個人的にはウハウハだったんですけど、最近の若い子は知らないかもしれませんね(´・ω・`)
人気の宇宙人なんです。インパクト強いですからね(*´ω`*)
昔はUFO特集では必ず紹介され、フィギュアもいくつか作られています。

実際には、フクロウの見間違いという説が濃厚ですけどね・・・(´・ω・`) 
 参考 → フラットウッズ事件 (UFO事件簿)  

 
誰も触れないと、大和田秀樹先生が可哀想だと思ったので、記事にしました・・・(´・ω・`)
 

追記・・・誰もネタにするわけないと思ってたらネタにしてる人いました(*´ω`*)

 → ネタ元はこれ! (ツケマイせんせいの哲学する麻雀)  
 

「懐かしい!」と思った人はクリック! 麻雀ブログランキング


ムダヅモ無き改革【通常版】 7

ムダヅモ無き改革

ムダヅモ無き第二次改革 アンソロジーコミック

ムダヅモ無き改革 麻雀外交全記録

  
 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

まさかこのネタでかぶる方がいるとはwww

最近はUFO特番がなくて寂しいですね。

こちらこそよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:G・ウザク
 
twitter やってます。
2016年8月6日発売『麻雀 傑作「何切る」300選』
8月8日第2刷、9月28日3刷、12月2日4刷。
12月13日電子書籍版の発売開始!スマホでも読めます!
5月2日5刷(累計14500部)
2017年7月27日発売『麻雀 定石「何切る」301選』 8月8日第2刷(累計8500部)
ウザク本シリーズ累計23000部

検索&リンク